ブビンガバイナリー バイナリーオプション | ストキャスティクス指標とは?基本から応用まで徹底解説!

ストキャスティクス指標とは?基本から応用まで徹底解説!

トレードの世界では、正しい情報と分析が成功への秘訣です!トレードの基本である「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」の状態のシグナルを受け取れるストキャスティクス分析をマスターすることで、あなたのトレード戦略に新たな手法が加わります。この記事では、ストキャスティクスを使った勝率アップのコツを、ゼロから誰でも実践できるように解説します。バイナリーオプションにおいて、運や勘に頼る「感情トレード」を早く卒業して、ワンランク上のトレード手法を手に入れて、Bubingaで多くの利益を手に入れましょう!

目次

  1. トキャスティクスとは?
  2. ストキャスティクスの計算式
  3. ストキャスティクスの設定方法
  4. ストキャスティクスの使い方
  5. ストキャスティクスの組み合わせ
  6. ストキャスティクス利用の注意点
  7. ストキャスティクスのまとめ
  8. よくある質問

ストキャスティクスとは?

ストキャスティクスとは
ブビンガバイナリーでのストキャスティクス

ストキャスティクス(Stochastics)とは、投資対象物がマーケット、市場内でどれだけ「買われすぎ」状態にあるか、または「売られすぎ」状態にあるかを示すために使われる指標のことです。このシグナル情報を元に、投資対象物の価格の反転点を見極めるための手がかりとすることができます。

簡単に説明すると、このストキャスティクス インジケーターはマーケット、市場の動きの勢いを計るもので、過去の特定期間と比較して現在の価格がどの位置にあるのかを教えてくれます。これは分析ツールとしてとても有効であり、テクニカル分析において多くのトレーダーに利用されているんです!

ストキャスティクスの見方

ストキャスティクス指標は、トレーダーがマーケット、市場の現在の状態を把握し、将来の価格変動を予測するのに役立つツールです。この指標は一般的に0から100までの値で表示され、マーケット、市場の「買われ過ぎ」または「売られ過ぎ」の状態を示します。

具体的には、二つの重要な線、%K線と%D線を通じてマーケット、市場の動向を解析します。

%K線は、比較数値で、最近の投資対象物の価格が、前のある期間の中で最も高かった時と最も低かった時の間でどのくらいの位置にあるかを見せてくれます。これで、最近の投資対象物の価格がどんな風に動いてるか、そしてそれが前の時期と比べてどうかが分かります。

%D線は、%K線の平均を取って作られる線(移動平均)で、マーケット、市場の流れがどんな感じかをもっとスムーズに見せてくれます。このおかげで、価格の急な上下動が少し落ち着いて見えて、トレンド(傾向)がどうなってるかがもっとはっきりとします。

ストキャスティクス指標で大切なのは、特定の数字が大事なヒントをくれるってことです。たとえば、80のレベル以上で、みんながその投資対象物をたくさん買い過ぎていて(「買われ過ぎ」状態)、そのうち価格が下がるかもしれないというサインです。

逆に、20レベル以下だったら、投資対象物がたくさん売られ過ぎていて(「売られ過ぎ」状態)、価格が上がる可能性があることを教えてくれます。

ストキャスティクス 見方 まとめ

  • 80以上: マーケット、市場で「買われ過ぎ」の状態。価格が下落する可能性があります。
  • 20以下: マーケット、市場で「売られ過ぎ」の状態。価格が上昇する可能性があります。

これらの情報を活用することで、トレーダーは、マーケット、市場が過熱しているのか、それとも過小評価されているのかを判断し、価格の転換点が近づいているかもしれないというシグナルを受け取ることができます。

ファーストストキャスティクスとは?

参考情報として、ストキャスティクスには2種類あります。1つ目のファーストストキャスティクスとは、マーケット、市場の小さな動きにすぐ反応する敏感な指標のことです。想像してみてください、マーケット、市場は日々いろんなニュースに反応して動きます。この指標は、そうした短期間での動きをすぐに捉えて、サッと反応します。一瞬の価格変動も見逃さず、チャンスを逃さないよう教えてくれます。ただしファストストキャスティクスは相場に対してかなり敏感に反応し激しく動くため、誤ったシグナルにて騙しに遭いやすい特徴があるので注意が必要です。

スローストキャスティクスとは?

2つ目のスローストキャスティクスは、名前の通り、もう少しゆっくりとした指標です。こちらはマーケット、市場の動きを落ち着いて見て、もっとスムーズで長期的なトレンドを教えてくれます。マーケット、市場の一時的な騒がしさを静めて、「この先、長い目で見たらどうなるのかな?」という大きな流れを示してくれます。この指標は、すぐに反応しない代わりに、もっと重要なトレンド(傾向)の変化を見極めてくれます。

ファーストストキャスティクスとスローストキャスティクスの違い

この二つの指標、要は「速さ」と「なめらかさ」の違いがあります。ファーストストキャスティクスは「サッと動きたい人」向け。マーケット、市場がちょっとした動きを見せたら、すぐにそれに合わせて動けます。一方スローストキャスティクスは、「じっくり考えたい人」向けです。マーケット、市場のざわざわを静めて、もっと大きな流れを見極めたい人にぴったりです。あなたがどんな投資スタイルを持っているかによって、これらの指標からトレードサインを受け取りましょう。なおバイナリーオプション取引所では、ファーストストキャスティクスとスローストキャスティクスのどちらか1つのストキャスティクスが配置されているところが多く、誤ったシグナル、騙しの少ないと言われているスローストキャスティクスを利用している取引所が一般的です。

ストキャスティクスの計算式

ここではストキャスティクス 計算式、計算方法を見ていきましょう。

ストキャスティクスには2つの線がありますね!

%K線(ファスト線)と%D 線(スロー線)です。

ストキャスティクスの計算式

%K =(直近の価格 - 過去n日間の最安値)÷(過去n日間の最高値 - 過去n日間の最安値)× 100

%D = %Kの単純移動平均

計算例をあげていきましょう!

投資対象物の直近の価格が500円

過去9日間の投資対象物の価格表

日にち投資対象物の価格
1日目1200円
2日目1100円
3日目1200円
4日目1300円
5日目1100円
6日目900円
7日目800円
8日目700円
9日目600円

直近の価格は700円とします。

ストキャスティクスの%K線の計算式公式はこちらでした!

%K =(直近の価格 - 過去n日間の最安値)÷(過去n日間の最高値 - 過去n日間の最安値)× 100

これに従います!

直近の価格は700円、そして過去9日間の最安値は、600円、さらに過去9日間の最高値は1300円これらの数値を公式に当てはめます。

%K =(700-600)/(1300-600)*100=14.29

%K 線のストキャスティクスは14.29です。

ストキャスティクスの%D線の計算式公式はこちらでした!

%D = %Kの単純移動平均

%D線の計算では単純移動平均を利用します。

直近3日間の%K線の数字を足して、3で割ります。これで、直近3日間の平均の値が出ます。この平均の値が%D線になります。

日にち 投資対象物の価格

日にち投資対象物の価格
7日目800円
8日目700円
9日目600円

3日間の%K線の数字がそれぞれ800円、700円、600円だったとします。

このそれぞれの数値からそれぞれの日にちの%Kを出した後、この直近3日間の%K線の数字を足して、3で割った数値が、%D線であり、%Kの単純移動平均となります。

ストキャスティクスの%K線の計算式公式はこちらでしたね。

%K =(直近の価格 - 過去n日間の最安値)÷(過去n日間の最高値 - 過去n日間の最安値)× 100

7日目の%K線

%K=(800-600)/(1300-600)*100=28.57

8日目の%K線

%K=(700-600)/(1300-600)*100=14.29

9日目の%K線

%K=(600-600)/(1300-600)*100=0.0

直近3日間の%K線の数字を足して、3で割ります。

%D の値は、33.33となります。

%D線は直近の%K線の値の「平均」を示していて、マーケット、市場の動きがどれくらい安定しているか、または変動しているかを教えてくれます。

%K 線の値は、14.29で、

%D線の値は、33.33となります。

この場合は、%K線が14.29ということで、20%以下の「売られ過ぎ」で、%D線が33.33のため、下から上へクロス(ゴールデンクロス)していた場合は、買いサインと読むことができます。

なお、計算式や例を見ると複雑に思えるかもしれませんが、これらの計算は全てテクニカル分析ツールが自動で行ってくれますからね!

ブビンガバイナリーでのストキャスティクスの設定方法

ブビンガバイナリーでは、無料で標準で利用できるテクニカル分析の中にストキャスティクスがります。ブビンガバイナリーでのストキャスティクス 設定方法について見ていきましょう。

(1)ブビンガバイナリーへログインし、トレード画面の株の棒グラフマークをクリック、「Stochastic」をクリックしましょう!

ブビンガバイナリーのインジケーターメニュー

(2)次にストキャスティクスの設定をします。

「ファスト線の期間」は、一般的には「9」で設定、ほかに5日や14日とする場合もあります。場合によっては、「9」のほかにも5日や14日へ、相性の良い数値に変更しましょう。

「スロー線の期間」は、一般値の「3」で設定、この数値は変更することはあまりありません。スローストキャスティクスの関係で、「スムージング」という表記がありますが、ここも一般値の「3」で設定します。

「買われすぎ」は80のまま、「売られすぎ」は20で設定しましょう。線の色や太さはお好みです。これで一般的なストキャスティクス設定は完了です!

ストキャスティクスの設定

(3)これで一般的なストキャスティクス設定は完了です!

ストキャスティクスの設定が完了 ブビンガバイナリー

ストキャスティクスの使い方

ストキャスティクス 使い方、シグナルの読み方を見ていきましょう!

ストキャスティクス 見方として、80以上のシグナルの場合は、市場が「買われ過ぎ」の状態。価格が下落する可能性があります。

売りサイン→%K線(ファスト線、オレンジ色)が80%以上の「買われ過ぎ」で%D線(スロー線、水色)を上から下へクロス(デッドクロス)

ストキャスティクスの売りサイン

ストキャスティクス 見方として、20以下のシグナルの場合は、 市場が「売られ過ぎ」の状態。価格が上昇する可能性があります。

買いサイン→%K線(ファスト線、オレンジ色)が20%以下の「売られ過ぎ」で%D線(スロー線、水色)を下から上へクロス(ゴールデンクロス)

ストキャスティクスの買いサイン

これらのサイン、シグナルを活用して、実際にバイナリーオプションのトレードに役立てていきましょう!

ストキャスティクスの組み合わせ

ストキャスティクスのみで相場判断するのはとても危険です。テクニカル分析には、ストキャスティクス以外でもたくさんあり、ストキャスティクスと他のテクニカル分析インジケーターを併用することで、精度が上がります。

ここではストキャスティクスと相性が良い他のテクニカル分析ツールを見ていきましょう。

MACD(マックディー)とストキャスティクス

MACDはマーケット、市場の平均価格の動きを比べることで、今のトレンドが強いのか、それとも弱まっているのかを見る方法です。具体的には、最近の平均価格と、もう少し前の平均価格を比べて、その差をグラフにします。この差のことを「MACDライン」と言います。

ストキャスティクスとMACDの組み合わせ ブビンガバイナリー

どうやって使う?

MACDラインがもう一つの線、いわゆる「シグナルライン」と交差するところを見るんです。MACDラインがシグナルラインを下から上へと抜けていく(クロスアップ、ゴールデンクロス)ときは、マーケット、市場が上向きに動き始めているサインと考えられます。これが「買い」のチャンスを判断します。逆に、MACDラインが上から下へと抜けていく(クロスダウン、デッドクロス)ときは、マーケット、市場が下向きに動き始めるサインで、「売り」のチャンスと判断します。

ストキャスティクスと合わせて使うと?

MACDとストキャスティクス 組み合わせにて、一緒に使うと、マーケット、市場の「温度」だけじゃなく、「風向き」も分かるようになります。つまり、今が買い時なのか売り時なのか、よりはっきりとした判断ができるようになります。

RSI(アールエスアイ)とストキャスティクス

RSIとは、マーケット、市場にて投資対象物がどれだけ買割れているか、売られているかを数値で見せてくれるツールです。この数値が高いと、たくさんの人がその投資対象物を買ってるってこと。低いと、たくさんの人が売ってるってことです。この情報を使って、投資対象物の価格がこれから上がるのか、下がるのかを予測するのに役立ちます。

ストキャスティクスとRSIの組み合わせ Bubinga

どうやって使う?

RSIは0から100までの数字で表されます。一般的に、この数字が70以上だと、投資対象物が「買われ過ぎ」と見なされ、価格が下がるかもしれないサインです。逆に、30以下だと「売られ過ぎ」と見なされ、価格が上がるかもしれないサインです。この情報を見て、投資対象物を買うタイミングや売るタイミングを決めるのに役立てることができます。

ストキャスティクスと合わせて使うと?

ストキャスティクスもRSIと似たようなツールで、マーケット、市場がどれだけ「熱い」かを教えてくれます。ストキャスティクスが特に短期間の市場の動きに強いのに対して、RSIはもう少し広い範囲の動きを見ることができます。RSIとストキャスティクス 組み合わせにて、この二つを一緒に使うと、マーケット、市場の動きをより広い視点と狭い視点の両方からチェックできるので、より確かな判断ができるようになります。

たとえば、両方のツールが「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を示していたら、そのサインはより強いものと見なすことができます。これによって、トレードのチャンスを見つけたり、リスクを避けたりするのに役立ちます。

ストキャスティクス利用の注意点

ストキャスティクス利用の注意点

ストキャスティクスを利用してのトレードの注意点を見ていきましょう!テクニカル分析を利用する上でとても大切なことですからね!

(1)トレンドを見逃さない

ストキャスティクスは、特に短期間での価格の動きを良く捉えます。ただし、これだけに頼ってしまうと、大きな流れ、つまり「トレンド」を見逃してしまうことがあります。たとえば、価格がずっと上がり続けているときに、「買われ過ぎ」と表示されても、すぐに価格が下がるとは限りません。

(2)「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」に振り回されない

「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」のサインが出ても、それがすぐに大きな価格の変動につながるわけではありません。マーケット、市場は時に期待とは違う動きをすることがあります。なので、これらのサインが出たからといって、急いでトレードするのは避けましょう。

(3)ストキャスティクス単独で使わない

ストキャスティクスは便利なツールですが、これだけを頼りにして全てのトレード判断を決めるのは危険です。他のツールや分析方法と組み合わせて使うことで、よりバランスの取れた判断ができるようになります。たとえば、MACDやRSIなど、他の指標と一緒に見ると良いでしょう。

(4)感情に流されない

どんなに良いツールを使っていても、感情に流されてしまうと間違った判断をしてしまうことがあります。特に、「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」のサインが出たときに、焦ってしまいがちです。落ち着いて、他のテクニカル分析ツールのシグナルも参考にしてトレードを行っていきましょう。

(5)練習する

新しいツールを使うときは、すぐに上手くいくとは限りません。デモアカウントなどで練習して、ストキャスティクスの使い方に慣れることが大切です。実際のお金を使う前に、しっかりと練習しておきましょう。

ストキャスティクスのまとめ

「あなたのトレードにストキャスティクスを導入して、既に安定的なトレードでの成功を手に入れていますか?」

テクニカル分析をあなたのトレードに導入して、安定的なトレードでの成功を手に入れましょう!なおストキャスティクスを利用して成功する攻略法は、MACDやRSIなどの他のテクニカル分析ツールを併用して利用することです。

併用利用することで、安定的にトレードでの成功を手に入れることができます。

ただし、ここでとても重要なのは、トレードの練習です。

ブビンガバイナリーでは、2分で完了するアカウント開設だけで、10,000ドル分のデモトレードが可能で、ストキャスティクスとMACDやRSIと併用したトレードが可能となっています。

今すぐブビンガバイナリーでストキャスティクスの練習をリスクゼロで始めましょう!

ブビンガバイナリーへログイン

トレードで成功して多くの利益を取りに行きましょう!

ブビンガバイナリーの公式ページ

よくある質問: ストキャスティクス指標とは?基本から応用まで徹底解説!

🟦 Q) テクニカル分析のストキャスティクス指標とは何ですか?

A) ストキャスティクス指標は、マーケット、市場にて投資対象物が「買われ過ぎ」または「売られ過ぎ」の状態にあるかを示すために使われるツールです。これを使って、投資対象物の反転点を見極める手がかりにすることができます。

🟦 Q) ストキャスティクスの%K線と%D線の違いは何ですか?

A) %K線は市場の現在の動きを示し、%D線はその%K線の移動平均を取ったもので、市場の動きを滑らかにしてトレンドをよりはっきりさせます。

🟦 Q) ストキャスティクスで「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」をどう判断しますか?

A) ストキャスティクス指標が80以上の値を示すと「買われ過ぎ」、20以下を示すと「売られ過ぎ」と見なされます。これらは価格反転の可能性のシグナルとして使えます。

🟦 Q) ストキャスティクス指標を使う際の注意点は?

A) 大きなトレンドを見逃さないようにし、指標の「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」のサインだけに頼らず、他の分析ツールと組み合わせて使用することが重要です。

🟦 Q) ストキャスティクス指標の設定値を変更する必要はありますか?

A) マーケット、市場やトレードスタイルに合わせて設定値を調整することで、より効果的な分析が可能になります。実験的に異なる設定値を試してみることをお勧めします。ファスト線の期間は、一般的には「9」で他に5日や14日へ、相性の良い数値に変更し試してみましょう。

人気の検索語

ジョージ 喜多川

明治大学 経営学部卒業、大手金融機関に新卒入社。その後投資顧問会社に転職。アナリストとして国内外のマーケット動向分析に従事。 当ブログでは、チャートとインジゲーターの解説を得意としています。金融市場での経験を活かし、読者の方々にバイナリーオプション取引において重要なテクニカル分析の理解を提供しています。常に最新の市場トレンドやトレード戦略について研究を重ね、分かりやすい説明を心掛けています。 趣味はランニング、キャンプ、音楽フェスなどです。

Post navigation

コメントを残す

返事を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。