ジョージ 喜多川

MACD完全ガイド: 相場分析の最強ツールを徹底攻略!
「今すぐMACDでマーケット、市場の小さな波を捉え、大きな利益を手に入れましょう!」これを実現させる可能性があるのがテクニカル分析であるMACDの魅力で、この記事では、MACDの仕組みを理解し、実際のトレードでどのように活かすかを基礎から応用まで詳しく解説していきます。MACDと相性の良い他のテクニカル分析ツールも紹介していくので、本当に勝ちたければこの記事を最後まで読み進めていきましょう。MACDはテクニカル分析の中でも、基本中の基本、このブビンガバイナリーでも使える分析ツールを習得して、バイナリーオプションで大きな成功を手に入れましょう! MACDとは? テクニカル分析でよく聞くMACD、読み方はマックディーと言われていて、この指標、インジケーターは、為替レートや株価などの価格変動を分析し、バイナリーオプションでも利用され、投資対象物の価格の将来の動きを予測するのに役立ちます。MACDを使うことで、過去の価格データを基に、価格が上昇するのか、下降するのか、あるいはあまり変わらないのかの予想が予測できるので、とても便利な相場予測ツールとなっています。 MACDの見方 macd とは主に3つの部分から成り立っています。 MACDライン(MACD線) これは投資対象物の価格の短期間の動きと長期間の動きの差を表します。簡単に言うと、最近のマーケット、市場の動きが、もう少し長い期間での動きと比べてどうなのかを見る線です。上記MACDではピンクのラインがMACDライン(MACD線)です。 シグナルライン(シグナル線) MACDラインをもう少し滑らかにしたものです。この線がMACDラインとどう交わるかを見ることで、マーケット、市場の動きが変わるサインを捉えることができます。上記MACDでは黄色のラインがMACDライン(MACD線)です。 【MACDライン(MACD線)とシグナルライン(シグナル線)の見方】 ゴールデンクロス MACDラインがシグナルラインを下から上に抜ける時、これを「ゴールデンクロス」と言います。市場が強くなり、価格が上がると判断するサインです。 デッドクロス 逆に、MACDラインがシグナルラインを上から下に抜ける時は「デッドクロス」と呼ばれます。市場が弱くなり、価格が下がると判断するサインです。 棒グラフ(ヒストグラム) ヒストグラムと呼ばれ、MACDラインとシグナルラインの差を棒グラフで表したものです。これがどのように変化するかで、マーケット、市場の勢いを感じ取ることができます。 棒グラフ(ヒストグラム)の拡大、縮小、その他に、MACDにはゼロラインがあり、そのゼロラインの上下からの売り買いのサイン、さらにダイバージェンスというマーケットと反対の方向へ向かうMACDからサインを読みとり、売り買いを判断するダイバージェンス現象からサインを受け取ることができます。 このように基本的にMACDの見方としては4つあります。 MACDライン(MACD線)とシグナルライン(シグナル線)のクロス 棒グラフ(ヒストグラム)の拡大、縮小 ゼロラインの上下 ダイバージェンス(マーケットと反対の方向へ向かうMACDからのサイン) これらは後ほどもっと詳しく解説していきます! MACDの計算式 MACDは短期間と長期間の平均価格の差を見ることで、価格の動きがどうなっているかをチェックするツールです。ここでは、MACDの計算式を見ていきましょう。 MACDの計算式 MACD線=短期移動平均線 - 長期移動平均線 シグナル線=MACDの9日移動平均線 ここに登場する移動平均線とは、投資対象物の価格の平均値を一定期間にわたって計算した数値です。 MACDでは、通常、12日間の移動平均線と26日間の移動平均線を使います。これは、過去12日間と26日間の価格を平均化したものです。短期間の平均価格と長期間の平均価格の差を見ることになります。この差が大きければ大きいほど、価格の動きに勢いがあると言えます。 シグナルライン(シグナル線)とは? MACDには、MACD線とシグナルライン線があります。シグナルライン線はMACDラインをさらに滑らかにしたものです。このために、MACD線の9日間の移動平均線を使います。これがシグナルラインで、MACD線よりも滑らかな動きをします。 シグナルライン線は、MACD線の最近9日間の指数移動平均線です。これがシグナルラインとなり、MACD線と比較して、トレンドの変化を見つけるのに役立ちます。 【MACDの計算の計算例】 MACDで利用されている移動平均線は、正確に言うと指数平滑移動平均で、これは略してEMAと言われています。 (1)macd 計算式 ・MACD線=短期EMA(12日間) - 長期EMA(26日間) でしたね。 まずは短期EMA(12日間)を算出します。 そして次に長期EMA(26日間)を算出します。 それぞれのEMAの算出は、ここでは省略して、 例として、 短期EMA(12日間)=535.58円 長期EMA(26日間)=560.08円としましょう。 MACD線=535.58円-560.08円=-24.49 となります。 (2)シグナルラインの計算 次にシグナルラインの計算をしましょう。 シグナルラインは、MACDラインの9日EMAです。この計算には、複数日分のMACDラインの値が必要です。 今回は例として、 シグナルライン(MACDラインの9日EMA)は、-0.29とします。 MACDラインが-24.49、シグナルラインが約-0.29となっています。これは、MACDラインがシグナルラインよりも下にあるため、マーケット、市場が下降トレンドにあると判断します。 なお、これらの計算ですが、テクニカル分析ツールが全て自動で行ってくれるので、軽く理解するだけで大丈夫ですからね! MACDの設定方法 ここではアカウント開設だけで無料で利用できるブビンガバイナリーのテクニカル分析ツールのMACDを使って、macd 設定方法を開設していきましょう。 (1)ブビンガバイナリーへログイン後、「棒グラフボタン」をクリックして、「新しい」セクションになっていることを確認し、そして「MACD」を選択します! (2)このように設定することで、一般的なMACDの設定値が完成します。 ファスト線の期間(短期EMA)「12」 スロー線の期間(長期EMA)「26」 シグナル期間「9」 線の太さや色はお好みです。 なお参考までに設定値例を記載しますので、参考にして設定値を微調整しましょう。 トレード期間 ファスト線の期間(短期EMA) スロー線の期間(長期EMA) シグナル期間 短期トレード 6 19 9 中期トレード 12 26 9 長期トレード 19 39 9 (3)これでブビンガバイナリーでの一般的に利用できるMACDの設定は完了です! ブビンガバイナリーでのMACDの設定は簡単ですからね!つまりブビンガバイナリーでは簡単にMACDを利用することができます。 MACDの使い方 ここではmacd 見方、使い方、macd シグナルの受け取り方を見ていきましょう!とても大切なことばかりですからね! MACDの上昇クロスと下降クロスについて (1)上昇クロス(ゴールデンクロス) MACD線がシグナル線を下から上に抜けたとき、これは多くのトレーダーにとって「買い」のシグナルと判断します。 この現象は、短期的な価格の動きが長期的な動きを上回り始めたことを示していて、マーケット、市場の勢いが上向きに変わりつつあることを意味します。バイナリーオプショントレードでは、このシグナルを見て、価格が上昇すると予想して「買い」と判断します。 (2)下降クロス(デッドクロス) 逆に、MACD線がシグナル線を上から下に抜けたときは、「売り」のシグナルと判断します。 この時、短期的な価格の動きが長期的な動きを下回り始めることを示し、マーケット、市場の勢いが下向きに変わりつつあることを示しています。このシグナルを受けて、トレーダーは価格が下降すると予想して「売り」と判断します。これらのサインはmacd 使い方として最もポピュラーなサインです。 棒グラフの長さについて MACDチャートには、棒グラフ(ヒストグラム)も表示され、これはMACD線とシグナル線の差を表しています。ヒストグラムの長さは、マーケット、市場の勢いやトレンドの強さを示す重要な指標です。 (1)強気のシグナル グラフの棒が上に伸びている場合、マーケット、市場が強気の勢いを持っていることを示しています。棒が長くなるほど、そのトレンド(傾向)は強くなっていると言えます。 このような状況では、価格が上昇し続ける可能性が高いため、バイナリーオプショントレードで「買い」と判断します。 (2)弱気のシグナル 逆に、グラフの棒が下に伸びている場合、マーケット、市場が弱気の勢いを持っていることを示しています。棒の長さが増えるほど、その下降トレンドは強くなっていると見ることができます。この場合、価格が下降し続ける可能性が高いため、バイナリーオプショントレードで「売り」と判断します。 MACDのゼロラインの上下 テクニカル分析であるMACDには、0の中心線があります。 MACD線が0の中心線を越える動きも、大きなトレンドの変化を示すシグナルとして注目されます。 (1)上昇トレンドの始まり...
ストキャスティクス指標とは?基本から応用まで徹底解説!
トレードの世界では、正しい情報と分析が成功への秘訣です!トレードの基本である「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」の状態のシグナルを受け取れるストキャスティクス分析をマスターすることで、あなたのトレード戦略に新たな手法が加わります。この記事では、ストキャスティクスを使った勝率アップのコツを、ゼロから誰でも実践できるように解説します。バイナリーオプションにおいて、運や勘に頼る「感情トレード」を早く卒業して、ワンランク上のトレード手法を手に入れて、Bubingaで多くの利益を手に入れましょう! 目次 ストキャスティクスとは? ストキャスティクスの計算式 ストキャスティクスの設定方法 ストキャスティクスの使い方 ストキャスティクスの組み合わせ ストキャスティクス利用の注意点 ストキャスティクスのまとめ よくある質問 ストキャスティクスとは? ストキャスティクス(Stochastics)とは、投資対象物がマーケット、市場内でどれだけ「買われすぎ」状態にあるか、または「売られすぎ」状態にあるかを示すために使われる指標のことです。このシグナル情報を元に、投資対象物の価格の反転点を見極めるための手がかりとすることができます。 簡単に説明すると、このストキャスティクス インジケーターはマーケット、市場の動きの勢いを計るもので、過去の特定期間と比較して現在の価格がどの位置にあるのかを教えてくれます。これは分析ツールとしてとても有効であり、テクニカル分析において多くのトレーダーに利用されているんです! ストキャスティクスの見方 ストキャスティクス指標は、トレーダーがマーケット、市場の現在の状態を把握し、将来の価格変動を予測するのに役立つツールです。この指標は一般的に0から100までの値で表示され、マーケット、市場の「買われ過ぎ」または「売られ過ぎ」の状態を示します。 具体的には、二つの重要な線、%K線と%D線を通じてマーケット、市場の動向を解析します。 %K線は、比較数値で、最近の投資対象物の価格が、前のある期間の中で最も高かった時と最も低かった時の間でどのくらいの位置にあるかを見せてくれます。これで、最近の投資対象物の価格がどんな風に動いてるか、そしてそれが前の時期と比べてどうかが分かります。 %D線は、%K線の平均を取って作られる線(移動平均)で、マーケット、市場の流れがどんな感じかをもっとスムーズに見せてくれます。このおかげで、価格の急な上下動が少し落ち着いて見えて、トレンド(傾向)がどうなってるかがもっとはっきりとします。 ストキャスティクス指標で大切なのは、特定の数字が大事なヒントをくれるってことです。たとえば、80のレベル以上で、みんながその投資対象物をたくさん買い過ぎていて(「買われ過ぎ」状態)、そのうち価格が下がるかもしれないというサインです。 逆に、20レベル以下だったら、投資対象物がたくさん売られ過ぎていて(「売られ過ぎ」状態)、価格が上がる可能性があることを教えてくれます。 ストキャスティクス 見方 まとめ 80以上: マーケット、市場で「買われ過ぎ」の状態。価格が下落する可能性があります。 20以下: マーケット、市場で「売られ過ぎ」の状態。価格が上昇する可能性があります。 これらの情報を活用することで、トレーダーは、マーケット、市場が過熱しているのか、それとも過小評価されているのかを判断し、価格の転換点が近づいているかもしれないというシグナルを受け取ることができます。 ファーストストキャスティクスとは? 参考情報として、ストキャスティクスには2種類あります。1つ目のファーストストキャスティクスとは、マーケット、市場の小さな動きにすぐ反応する敏感な指標のことです。想像してみてください、マーケット、市場は日々いろんなニュースに反応して動きます。この指標は、そうした短期間での動きをすぐに捉えて、サッと反応します。一瞬の価格変動も見逃さず、チャンスを逃さないよう教えてくれます。ただしファストストキャスティクスは相場に対してかなり敏感に反応し激しく動くため、誤ったシグナルにて騙しに遭いやすい特徴があるので注意が必要です。 スローストキャスティクスとは? 2つ目のスローストキャスティクスは、名前の通り、もう少しゆっくりとした指標です。こちらはマーケット、市場の動きを落ち着いて見て、もっとスムーズで長期的なトレンドを教えてくれます。マーケット、市場の一時的な騒がしさを静めて、「この先、長い目で見たらどうなるのかな?」という大きな流れを示してくれます。この指標は、すぐに反応しない代わりに、もっと重要なトレンド(傾向)の変化を見極めてくれます。 ファーストストキャスティクスとスローストキャスティクスの違い この二つの指標、要は「速さ」と「なめらかさ」の違いがあります。ファーストストキャスティクスは「サッと動きたい人」向け。マーケット、市場がちょっとした動きを見せたら、すぐにそれに合わせて動けます。一方スローストキャスティクスは、「じっくり考えたい人」向けです。マーケット、市場のざわざわを静めて、もっと大きな流れを見極めたい人にぴったりです。あなたがどんな投資スタイルを持っているかによって、これらの指標からトレードサインを受け取りましょう。なおバイナリーオプション取引所では、ファーストストキャスティクスとスローストキャスティクスのどちらか1つのストキャスティクスが配置されているところが多く、誤ったシグナル、騙しの少ないと言われているスローストキャスティクスを利用している取引所が一般的です。 ストキャスティクスの計算式 ここではストキャスティクス 計算式、計算方法を見ていきましょう。 ストキャスティクスには2つの線がありますね! %K線(ファスト線)と%D 線(スロー線)です。 ストキャスティクスの計算式 %K =(直近の価格 - 過去n日間の最安値)÷(過去n日間の最高値 - 過去n日間の最安値)× 100 %D = %Kの単純移動平均 計算例をあげていきましょう! 投資対象物の直近の価格が500円 過去9日間の投資対象物の価格表 日にち 投資対象物の価格 1日目 1200円 2日目 1100円 3日目 1200円 4日目 1300円 5日目 1100円 6日目 900円 7日目 800円 8日目 700円 9日目 600円 直近の価格は700円とします。 ストキャスティクスの%K線の計算式公式はこちらでした! %K =(直近の価格 - 過去n日間の最安値)÷(過去n日間の最高値 - 過去n日間の最安値)× 100 これに従います! 直近の価格は700円、そして過去9日間の最安値は、600円、さらに過去9日間の最高値は1300円これらの数値を公式に当てはめます。 %K =(700-600)/(1300-600)*100=14.29 %K 線のストキャスティクスは14.29です。 ストキャスティクスの%D線の計算式公式はこちらでした! %D = %Kの単純移動平均 %D線の計算では単純移動平均を利用します。 直近3日間の%K線の数字を足して、3で割ります。これで、直近3日間の平均の値が出ます。この平均の値が%D線になります。 日にち 投資対象物の価格 日にち 投資対象物の価格 7日目 800円 8日目 700円 9日目 600円 3日間の%K線の数字がそれぞれ800円、700円、600円だったとします。 このそれぞれの数値からそれぞれの日にちの%Kを出した後、この直近3日間の%K線の数字を足して、3で割った数値が、%D線であり、%Kの単純移動平均となります。 ストキャスティクスの%K線の計算式公式はこちらでしたね。 %K...
今すぐ利用したいモメンタムを徹底解説!成功する攻略法を公開
今すぐモメンタムをマスターして、「勘」や「運」や「思い」だけでトレードしている「感情トレード」を卒業して、トレードで多くの成功を手に入れましょう!バイナリーオプションを始める多くのトレーダーが重宝して利用しているのがモメンタム分析です。この力強いツール、モメンタムが示すマーケットにおいてのサインをどのように捉え、トレードに活かすかを解説します。そしてモメンタムと相性の良い他のテクニカル分析ツールとの併用により賢い投資戦略を練り、堅実なトレードで成功を掴み取りましょう!このブビンガバイナリーのブログを読むことで、簡単にモメンタムをマスターして、新しいトレード手法を手に入れることができるので、最後まで読み進めていきましょう。 目次: モメンタムとは? モメンタムの勝率は? モメンタムの計算式 モメンタムの長所と短所 ブビンガバイナリーでのモメンタムの使い方 バイナリーオプションでのモメンタムの攻略法 複数のテクニカル分析を利用してモメンタムを攻略! まとめ よくある質問 モメンタムとは? モメンタム(Momentum)とは、テクニカル分析で投資対象物の価格動向の勢いや速度を指します。これは、マーケットのトレンド(傾向)がどのように進んでいるか、またその勢いが「強い」か「弱い」かを判断するために使用される指標です。バイナリーオプションでは、トレーダーは投資対象物の価格が「上がる」か「下がる」かを予測してトレードを行いますよね。そこで、このモメンタムの分析がとても重要な役割を果たすことになります。なお、バイナリーオプションだけではなく、fx モメンタム 投資全般に利用できることが、このテクニカル分析の特徴です。次に「モメンタムの基本的な理解」を見ていきましょう。 モメンタムの基本的な理解 【価格の動きの速度】 モメンタムは、特定の時間枠内での価格変動の速度や強さを測定します。 モメンタムは価格がどれだけ早く動いているかを見ます。価格が急に上がると、モメンタムは高いと言えます。逆に、価格がゆっくりしか変わらない場合は、モメンタムは低いと言えます。 【マーケットトレンド(傾向)の方向性】 価格がモメンタムの0ライン(100ライン)より線が上で上昇トレンドにある場合、モメンタムは「上昇相場」と判断します。 逆に、価格が0ライン(100ライン)より線が下、下降トレンドでは「下降相場」と考えられます。 0ライン(100ライン)より線が上→上昇相場 →0ラインを上抜けた時→「買い」エントリー 0ライン(100ライン)より線が下→下降相場 →0ラインを下抜けた時→「売り」エントリー このようにしてモメンタムを活用して判断し、トレードで利用します。 次に勝率を見ていきましょう。 モメンタムの勝率は? モメンタム インジケータを利用してのトレードの勝率は、一般的に50%から70%の範囲で変動と言われています。ただしこれは保証されたものではなく、トレンド(傾向)がはっきりしているマーケットでは、モメンタム戦略がより有効に働く可能性があり、そして不安定またはレンジ相場(マーケットの動向が動かないような相場)では、モメンタム信号が誤った指示を出すことがあり、勝率が低下する可能性があります。 さらにトレードにおいてのモメンタム 勝率は、トレーダーの経験にも依存し、マーケットに対する理解、リスク管理の能力も勝率に大きく影響します。 次にモメンタムの基本、このテクニカル分析の計算式を見ていきましょう。 モメンタムの計算式 モメンタムの計算式を見ていきましょう。 モメンタム=現在の終値-n日前の終値 モメンタム 計算式は、他のテクニカル分析と比べても単純な計算式となっています! 【モメンタムの計算式の例】 n日前の終値を一定として、現在の終値の変動で価格が変更になった例を見ていきましょう。モメンタムは、「現在の終値-n日前の終値」で算出しています。 現在の終値 n日前の終値 モメンタム 500円 480円 20 800円 480円 320 400円 480円 -80 320円 480円 -160 880円 480円 400 上から現在の終値が500円の場合、モメンタムは20です。 これは、n日前に比べて価格が20円上昇したことを意味しています。 表の2番目で、現在の終値が800円の場合、モメンタムは320です。 価格が大幅に上昇していて、とても強い上昇トレンドを示しています。 表の3番目で現在の終値が400円の場合、モメンタムは-80です。 価格がn日前に比べて80円下がっているため、下降トレンドを示しています。 表の4番目で現在の終値が320円の場合、モメンタムは-160です。 こちらも価格が下降していて、さらに強い下降トレンドを示しています。 表の5番目で現在の終値が880円の場合、モメンタムは400です。 これはとても強い上昇トレンドを意味し、n日前に比べて価格が400円も上昇しています。 実践トレードにおいてのこれらの計算は、全てテクニカル分析ツールが自動でグラフ表示しますので、計算は必要ないですからね! モメンタムの長所と短所 ここではモメンタムの長所と短所を見ていきましょう。長所と短所を見ることで、さらにモメンタムの特徴を理解することができますからね! モメンタムの長所(メリット) (1)トレンドの識別 モメンタムを使うと、トレード対象物のマーケットがどの方向に動いているか(上がっているか、下がっているか)が分かります。これによって、どのタイミングでトレードをすればいいか判断しやすくなります。 (2)強い動きに乗る モメンタムが強いときにトレードをすると、その動きに乗って利益を得るチャンスがあります。つまり、トレード対象物の価格が急激に上昇または下降している時にトレードをすれば、利益を得やすいです。 (3)シンプルな判断基準 モメンタムは数字やグラフで表されるので、比較的理解しやすいです。初心者でも、マーケットの動きを素早く把握することができます。 モメンタムの短所(デメリット) (1)遅れる可能性 テクニカル分析インジケーターであるモメンタムは、過去のデータに基づいているため、マーケットの変化に反応するのが遅れることがあります。つまり、マーケットの動きが変わっても、それをすぐには捉えられないことがあります。 (2)誤ったシグナル マーケットが不安定な時、モメンタムは誤った信号を出すことがあります。たとえば、一時的な価格の上昇や下降を大きなトレンドと誤解してしまうことがあります。 (3)単独では不十分 これはモメンタムだけではなく多くのテクニカル分析、インジケーターツールに言えることですが、モメンタムだけを使ってトレードをするのは、トレード判断としてリスクが高いです。他の分析方法やツールと組み合わせて使うことが大切です。 ブビンガバイナリーでのモメンタムの使い方 ここではブビンガバイナリーでのモメンタムの利用方法を解説していきましょう。今回は今話題のビットコイントレードをバイナリーオプショントレードとして説明していきます。なお投資対象物は、どの投資対象物でも、モメンタムの使い方は同じですからね。 (1)まずはブビンガバイナリーへログイン、そしてトレード画面の左下の「折れ線グラフボタン」をクリックして、出現する色々なテクニカル分析インジケーターから「Momentum」を選択しましょう! (2)モメンタム 設定において、期間は相場の分析をしたい期間です。期間を小さくすれば短期的なトレンドを把握でき、逆に大きくするほど長期的なトレンドの強さを測れます。期間値は9~14日が一般的です。初回の設定期間は一般的なモメンタムで人気のある設定値である「10」か「14」を利用しましょう。「線の太さ」や「線の色」はお好みです! (3)これでブビンガバイナリーでのモメンタムの設定は完了です! 直近の相場が上昇傾向であっても、設定での期間を長くしてモメンタムを使えば、超短期な価格変動だと判明するかもしれません。 自分のトレードスタイルに合わせてモメンタムの期間設定をして相場分析をしていきましょう! バイナリーオプションでのモメンタムの攻略法 モメンタムの攻略法としてまずはモメンタムの見方、そしてバイナリーオプショントレードでの利用方法を解説していきます。 「買い」エントリーの攻略法 0ラインを上抜けた時→「買い」エントリーを行います。 →0ライン(100ライン)より線が上→上昇相場 「売り」エントリーの攻略法 0ラインを下抜けた時→「売り」エントリーを行います。 →0ライン(100ライン)より線が下→下降相場 複数のテクニカル分析を利用してモメンタムを攻略! モメンタムだけでトレード判断をするのは危険です。複数のテクニカルトレードを利用、モメンタム 組み合わせをして、トレードの成功に向けた投資スタイルを確立していきましょう! 移動平均線 説明 移動平均線は、特定期間の価格データの平均値を結んだ線です。この線は価格の一般的な方向性を示し、トレンドを識別するのに役立ちます。 利用方法 ・単純移動平均(SMA)...
RSIを徹底解説!他のテクニカル分析と併用して多くの成功を!
今すぐあなたのトレードにテクニカル分析を取り入れて、安定的なトレードでの成功を手に入れましょう!バイナリーオプションで安定的に勝つためには、運や勘に頼るだけでなく、テクニカル指標を活用することが重要です。テクニカル指標とは、過去の価格データからトレンドの方向や強さを判断するための指標です。そこでトレーダーによく利用されているRSI(アールエスアイ)をこの記事で解説していきます。RSIは、トレンドの強さや勢いを測定するテクニカル指標のひとつです。比較的シンプルな指標なので、初心者でも使いやすいのが特徴です。このブビンガバイナリーのブログでは、RSIの基本的な使い方から、バイナリーオプションでの攻略法まで、初心者にも分かりやすく解説しますので、最後までご覧ください。 目次: RSIとは? RSIの長所と短所 RSIの使い方を解説! バイナリーオプションでのRSIの攻略法 RSIのまとめ よくある質問 RSIとは? RSI(相対力指数)は、トレーダーなら誰でも知っている指標で、J. ワイルダーによって1970年代に開発されました。バイナリーオプション、FXトレードの他にも株や商品市場などで使われるテクニカル分析指標の一つです。この指標は、投資対象物が「買われ過ぎ」なのか「売られ過ぎ」なのかを判断するのに役立ちます。RSIはとてもシンプル、0から100までの数字で表示され、この数字によって市場の動きを理解することができます。 投資対象物が「買われ過ぎ」なのか「売られ過ぎ」なのかによって、投資対象物が「売り時」か「買い時」かを判断します。 RSIの計算式 RSIの計算には、通常14日間の市場データが使用されます。まず、この14日間で、価格が上がった日と下がった日を別々に調べます。次に、それぞれの日の価格の変動を平均します。この二つの平均値を使って、計算式に当てはめることでRSIが求められます。 RSIの計算式 RS=(n日間の終値の上昇幅の平均)÷(n日間の終値の下落幅の平均) RSI= 100 - (100 ÷ (RS+1)) (1_1)期間(n値)の選択 N値には一般的14日間が使われます。 (1_2)価格の変動を調べる 選んだ期間内の各日における価格の変動(上昇した日と下降した日)を調べます。 (1_3)平均利益と平均損失を計算する 平均利益:期間内の上昇した日の価格変動を全部合計して、日数で割ります。 平均損失:期間内の下降した日の価格変動を全部合計して、日数で割ります。 (1_4)相対力(RS)を計算する 平均利益を平均損失で割ります。 (2)RSIを計算する RSIは上記にも記載した式で計算されます。 RSI= 100 - (100 ÷ (RS+1)) この式は、RSIの値が常に0から100の間になるように構成されています。 【RSIの計算例】 N値には一般的な14日間の例で、 rsi 計算式を利用してrsiの数値を出していきましょう。 日付 終値 1日 100 2日 110 3日 120 4日 130 5日 140 6日 130 7日 120 8日 110 9日 100 10日 90 11日 80 12日 70 13日 60 14日 50 まず、14日間の平均増加率と平均減少率を求めます。 平均増加率 = (100 + 110 + 120 + 130 + 140 + 130 + 120 + 110 + 100 + 90 + 80 + 70 + 60) / 13 = 100 平均減少率 = (110 + 120 + 130 + 140 + 130 +...
CCIとは?バイナリーオプションでの使い方や設定方法を詳しく解説!
「今すぐあなたのトレードスタイルにCCIを取り入れて、トレードでの安定的な成功を手に入れましょう。」バイナリーオプショントレードの世界では、マーケットの動きを正確に把握することが成功のキーポイントです。この記事では、テクニカル分析の中でも特に初心者にとって理解しやすいCCIインジケータについて、基本から応用まで分かりやすく解説します。CCIは市場のトレンドや過熱度を測るのに役立ち、バイナリーオプショントレードでの判断材料としてとても有効です。なおBubingaでのトレードを勘や運だけでトレードしている方は、安定的に勝つためにもテクニカル分析をトレードに導入することは必要です。ぜひ最後までお読みください。 目次: CCIとは? CCIの長所と短所 CCIの使い方を解説! バイナリーオプションでのCCIの攻略法 CCIの設定方法 まとめ よくある質問 CCIとは? CCIは、通貨や株式などの価格が「普通」よりも高いか低いかを教えてくれるツールです。CCIの英語はCommodity Channel Index、「商品チャンネル指数」と言うようにcci インジケータの原点は商品市場で使われ始めたテクニカル分析のツールでしたが、現在ではバイナリーオプションやFXなどで幅広く利用されています。これを使うことで、マーケット、市場がどのような状態にあるのかを知ることができます。 特定の期間における投資対象物の価格がその平均価格からどれだけ離れているかを示す指標です。CCIは投資対象物の価格が平均よりもかなり高い場合の過熱や、投資対象物の価格が平均よりもかなり低い場合の過冷を判断するのに役立ち、投資家が市場の動きを理解しやすくするための強力なツールです。 これを使うと、トレーダーはマーケット、市場がどのような動きをしているのか、つまり「買い時」か「売り時」かを判断するのに役立つテクニカル分析ツールです。 CCIの計算式 計算にはTypical Price(TP)を用いるのが特徴です。その理由により相場の値動きに敏感に反応する性質があります。 【CCIの計算式】 CCI=(TP-MA)/(0.015×MD) TP=(高値+安値+終値)/3 MA=n日間のTPの移動平均 MD=TP-MAの平均偏差 ここで、TPは「Typical Price」(高値、低値、終値の平均)を指します。MA、SMAは「Simple Moving Average」(単純移動平均)、Nは選択した日数です。MD、Mean Deviationは平均偏差を表します。 この計算式を利用しての計算例を見ていきましょう。 時間軸:5分間隔 n:3(3期間の移動平均を使用) 使用するデータ:3期間分の高値、安値、終値 【仮定データ】 1期目 2期目 3期目 高値:100ドル 高値:102ドル 高値:105ドル 安値:95ドル 安値:96ドル 安値:98ドル 終値:97ドル 終値:100ドル 終値:103ドル 【CCI計算例】 上記の仮定データを利用して、計算していきましょう。 TP(Typical Price)の計算 計算式はこちらでしたね。 TP=(高値+安値+終値)/3 各期間のTPは次のように計算されます。 1期目のTP (100+95+97)/3=292/3=97.33 2期目のTP (102+96+100)/3=298/3=99.33 3期目のTP (105+98+103)/3=306/3=102 MA(移動平均)の計算 計算式はこちらでしたね。 MA=n日間のTPの移動平均 3期間のTPの移動平均は次のように計算されます。 MA=(97.33+99.33+102)/3=298.66/3=99.55 MD(平均偏差)の計算 計算式はこちらでしたね。 MD=TP-MAの平均偏差 MDは各TPとMAの差の絶対値の平均です。 1期目の差 97.33-99.55=2.22 2期目の差 99.33-99.55=0.22 3期目の差 102-99.55=2.45 これらのデータから 2.22+0.22=2.45=4.89/3=1.63 CCIの計算 CCIの計算式はこちらでしたね。 CCI=(TP-MA)/(0.015×MD) CCI=(102-99.55)/(0.015*1.63)=2.45/0.02445=100.21 この例でのCCIは、100.21となり、cci 指標として100を超えているので、買われすぎ傾向と言うことになります。 なお、計算式を例にとると難しく感じるかもしれませんが、全てテクニカル分析ツールがこのような分析をしてくれますからね。 CCIの長所と短所 バイナリーオプション cciの長所と短所を見ていきましょう。 CCIの長所 買いと売りの両方のトレードで利用可能 相場が過熱気味のサインが出れば相場は下降し「売りサイン」、相場が過冷気味のサインが出れば上昇に転じると予測し「買いサイン」というように、買いと売りの両方のトレードで利用が可能です。 値動きを敏感に捉えることが可能 CCIは値動きに敏感で、テクニカル分析の中でもシグナルの発生が早いです。CCIは市場の極端な動きを検出するのに優れています。 CCIは市場の過熱や過冷を示す強力な指標 トレンドの転換点を見つけるのに役立ち、多くの種類の投資対象物で使える汎用性があります。 CCIの短所 誤った判断をする可能性がある CCIは高ボラティリティの市場では誤ったサイン、シグナルを発することがあります。テクニカル分析ツールは過去のみを判断情報として利用するため、誤ったサイン、シグナルを発信します。 他のテクニカル分析を利用する必要がある これは他のテクニカル分析にも共通しますが、CCIは単独で使うよりも、他のテクニカル分析ツールと組み合わせて使う必要があります。 設定値の微調整 自由に設定できる設定値の期間は基本的には「14」と入力します。概念としては期間は短期トレードの場合は短く、長期トレードでは長く設定します。バイナリーオプションのような5分から15分のトレードには、より短い期間のCCI、例えば5日間から10日が有効な場合があり、設定値の微調整が必要です。 CCIの使い方を解説! CCIの基本的な使い方から応用テクニックまでを詳細に解説します。CCI値が+100を超えるとマーケット、市場が過熱、-100を下回るとマーケット、市場が過冷と見なします。これらの情報を利用して、バイナリーオプショントレード、FXトレード等におけるエントリーポイントや利確ポイントを見極めます。 バイナリーオプション cci 手法をまとめます。 CCI100以上で買われすぎ →マーケットが加熱しすぎていると判断 →CCIが100のラインを上から下に突き抜けた →売りのサイン CCI-100以下で売られすぎ...
オーサムオシレーター: バイナリーオプション取引の初心者向けガイド
日本だとあまり馴染みが無いオーサムオシレーター(Awesome Oscillator)は、バイナリーオプショントレードで使われる人気のテクニカル分析ツールです。もしこの言葉を初めて聞く初心者は、「難しいテクニカル分析?」と想像してしまうかもしれません!いえいえ、そんなことありません!オーサムオシレーターは、初心者でも簡単に理解できる、相場においての投資対象物(ポジション)の買い時、売り時の参考材料となるとても便利なツールです!この指標をメインで利用して成功している有名トレーダーも多数いるのがこのテクニカル指標です!ぜひあなたもオーサムオシレーター(Awesome Oscillator)をマスターして、勝てるトレーダーを目指そましょう!参考指標は多くマスターした方が勝てるようになりますからね!今すぐブビンガバイナリーの公式ブログを読み進めていきましょう。この記事では、オーサムオシレーターの基本概念から、効果的な使い方までを初心者にも分かりやすく解説します。 目次 オーサムオシレーターとは オーサムオシレーターの特徴 オーサムオシレーターの手法 オーサムオシレーターの使い方 移動平均線2本で使えるオーサムオシレーター オーサムオシレーターの設定方法 まとめ オーサムオシレーターに関するよくある質問 オーサムオシレーターとは オーサムオシレーターとは、英語だとAwesome Oscillatorとなります。数多くのテクニカル分析、インジケーターを開発したアメリカの著名投資家、ビル・ウィリアムズによって考案されました。 そもそもこのオーサムオシレーターの「Awesome」の意味は、”素晴らしい”、”すごい”、”最高の”、”見事な”、”いけてる”という意味があり、そのようなテクニカル分析というイメージで間違いありません!実はトレーダーの間で、「オーサムオシレーター 最強」と言われることがあるのですが、この記事を読んでいただくと、この「オーサムオシレーター 最強」と言われている理由を理解していただけると思います。ぜひこの記事で、オーサムオシレーターを学んでいきましょう。 オーサムオシレーターは、市場の勢いを測るためのツールで、2つの異なる期間のシンプル移動平均(SMA)の差を使って計算されます。これにより、価格変動の強さや方向を把握するのに役立ち、今「買い時か」、「売り時か」の参考指標となります。 2つの異なる期間のシンプル移動平均(SMA)の差を使って計算、オーサムオシレーター 計算式等、これはテクニカル分析ツールが計算するので、トレーダーはこのような下部の黄色く囲った緑と赤いグラフのオーサムオシレーターを見てトレード判断をします。 この下部の黄色く囲った緑と赤いグラフ指標の見方、オーサムオシレーターの見方は難しくありません。 勝てるトレーダーになるために、オーサムオシレーターの学びを深めていきましょう。 オーサムオシレーターの特徴 オーサムオシレーターを利用する場合、大きく3つの判断材料があります。これらの3つがオーサムオシレーターの基本となるところなので、理解していきましょう。ポイントは「0ラインを基準」、「バーの色」、「バーの高低」です。 0ラインを基準とした上昇/下降バーの向き オーサムオシレーターでは0ラインがとても重要です。 この表ですと0ラインは黄色で囲ったラインです。0ラインは、市場の勢いの変化点を示します。バーが0ラインより上にあれば市場は上昇傾向、下にあれば下降傾向を示します。市場は0ラインを起点に、ランダムに上下するのですが、0ラインを起点に反対の方向へ行くことは、売り買いのサインとなります。 バーの色の転換 0ラインを起点の上下のグラフバーの色にも注目しましょう。 グラフバーの色は市場の勢いの変化を示します。色が変わると、トレンドの転換や勢いの弱まりを示唆します。緑色が投資対象物の価格上昇を表し、赤色が価格の下落を表します。 バーの高低(ダイバージェンス) グラフバーの高低についての転換点について解説していきます。 ピンクのラインに注目しましょう。基本的には上部の相場の高低差と下部のオーサムオシレーターの高低差は同じように動き、合っています。相場の高低差とオーサムオシレーターの高低差は基本的に合致しています。 ここで次の黄色の矢印に注目しましょう。 相場の動きによっては、この相場とオーサムオシレーターの高低差が逆に向くことがあります。これをダイバージェンスと言います。 ダイバージェンスとは、黄色の矢印のような下部のオシレーター系ツールの高値(もしくは安値)の高さと上部の相場の高値(もしくは安値)の高さに食い違いが起きている状態です。 このようなダイバージェンスは、相場が転換する可能性が高いことを意味します。 相場が転換する可能性が高いということを参考指標として、「売り」「買い」を入れることができます。 ダイバージェンスが発生したら要注意ということになります。 オーサムオシレーターの手法 ここまで見てきたことをオーサムオシレーター 手法としてまとめると、このようになります。 (1)0ラインを基準とした上昇/下降バーの向き トレンド(傾向)の始まりと終わりがわかります。 (2)バーの色の転換、変化 トレンド(傾向)の勢いの強弱が分かります。 (3)バーの高低(ダイバージェンス) トレンド(傾向)が反転する相場転換が分かります。 これらの手法を理解し、状況に応じて適切にトレードにおいての参考指標として利用することができます。 【トレードパターン】 (1)棒グラフが0ラインより上にある(上昇トレンド) バーの色が緑の場合(上昇が強い)、対象物が上昇という判断で「買い」と判断 (2)棒グラフが0ラインより上にある(上昇トレンド) バーの色が赤色の場合(上昇弱い)、対象物が上昇が弱いということで「手を出さない方が良い」と判断 (3)棒グラフが0ラインより下にある(下降トレンド) バーの色が緑の場合(下降弱い)、対象物が下降が弱いということで「手を出さない方が良い」と判断 (4)棒グラフが0ラインより下にある(下降トレンド) バーの色が赤色の場合(下降が強い)、対象物が下降という判断で「売り」と判断 オーサムオシレーターの使い方 ここではオーサムオシレーター 使い方をブビンガバイナリーを利用して解説していきましょう。 (1)まずはブビンガバイナリーへログイン、投資対象物を選びます。 今回はEUR/JPYを選択しました。そして左下のテクニカル分析ツールの黄色く囲った「グラフ線ボタン」をクリックします。 (2)上部の「新しい」になっていることを確認し、「Awesome Oscillator」をクリックします。 (3)時画面で表示をクリックすることで、オーサムオシレーターが表示され完了です! オーサムオシレーターを使う際は、バーの向きと色、および0ラインを基準とした位置を注視します。これらの要素は市場の勢いやトレンドの転換点を示し、取引のタイミングを見極めるのに役立ちますからね。 移動平均線2本で使えるオーサムオシレーター 移動平均とは、ある一定期間の平均価格を示すものです。これを使うと、価格の動きが一目でわかりやすくなります。オーサムオシレーターでは、2つの異なる期間の平均価格を比べます。一つは短い期間(たとえば5日間)の平均、もう一つは長い期間(たとえば34日間)の平均です。 これを使う理由は、市場の「今の勢い」を測るためです。短い期間の平均は、最近の価格の動きを敏感に捉えます。長い期間の平均は、もっとゆっくりとした、長い間の価格の動きを示します。 オーサムオシレーターは、これら2つの平均の「差」を見ます。つまり、最近の動きと、もっと長い期間の動きを比べるわけです。この「差」が大きいと、市場に強い勢いがあると言えます。 たとえば、最近の価格である短い期間の平均価格が長い期間のそれを超えれば(高ければ)、市場が「上昇している勢いがある」と言えます。 逆に、最近の価格である短い期間の平均が低ければ、「下降している勢いがある」と考えられます。 このようにして、オーサムオシレーターは市場の「今の勢い」を分かりやすく教えてくれるツールで、投資対象物が今買い時か、売り時かを参考指標として教えてくれます。 オーサムオシレーターの計算は、テクニカル分析ツールが行うので、計算式を理解する必要はありませんが、オーサムオシレーターの計算式はシンプルです。 オーサムオシレーター 計算式 オーサムオシレーター = 5期間単純移動平均 – 34期間単純移動平均 となっています。 オーサムオシレーターの設定方法 オーサムオシレーターの設定変更方法、ブビンガバイナリーで説明していきます。 (1)トレード画面にて、黄色く囲った「グラフ線ボタン」をクリックし、追加済みをクリックします。 「Awesome Oscillator」の隣の赤く囲った「ギアマーク」をクリックします。 (2)設定画面が表示されるので、オーサムオシレーターを設定する際は、分析したい時間枠や市場に合わせて、適切な期間の移動平均を選択する必要がありますが、一般的には、長期間と短期間の組み合わせで、遅い期間に34,早い期間に5を入力します。 これで基本的なオーサムオシレーターの設定は完了です。 オーサムオシレーターの設定方は簡単ですよね。 オーサムオシレーターのまとめ 「あなたは既にオーサムオシレーターを利用して、安定的に勝てるトレーダーになっていますか?」 オーサムオシレーターを利用して、100%勝てることはありません。テクニカルトレード分析は、過去の情報を利用しての判断材料なので、100%の勝利はあり得ません。 ただしトレードで負けたとしても、トレードでの成功が負けを少しでも上回れば、それはトレードでの成功を意味します。そのトレードでの成功を手助けするテクニカル分析ツールが、オーサムオシレーターです。 オーサムオシレーターは、とてもシンプルで、効果的な市場分析能力を持っています。これが外国で多くのトレーダーに愛用されている理由です。今日の内容、基本概念を理解し、適切な使い方を身につけることが成功への鍵であり、他のテクニカル分析ツールと併用することで、さらにトレードでの成功確率が上がります。 オーサムオシレーターの見方は難しくなく、とてもシンプル、今すぐ活用されることをお勧めします! そしてブビンガバイナリーでは、このオーサムオシレーターが標準装備でトレードに役立てていただけます。 そしてデモアカウントでも利用可能なので、オーサムオシレーターをブビンガバイナリーで試してみましょう。 今すぐブビンガバイナリーへログイン! オーサムオシレーターを活用して多くの成功を手に入れる確率を上げていきましょう。
明治大学 経営学部卒業、大手金融機関に新卒入社。その後投資顧問会社に転職。アナリストとして国内外のマーケット動向分析に従事。 当ブログでは、チャートとインジゲーターの解説を得意としています。金融市場での経験を活かし、読者の方々にバイナリーオプション取引において重要なテクニカル分析の理解を提供しています。常に最新の市場トレンドやトレード戦略について研究を重ね、分かりやすい説明を心掛けています。 趣味はランニング、キャンプ、音楽フェスなどです。