バイナリーオプションの戦略を徹底解説

コピートレードで落ちると怖い落とし穴を徹底解説!
間違いだらけのコピートレード活用方法、FXや仮想通貨トレードで今話題のコピートレードのよくある間違い、よくあるトラブル、知らないと損をするリスク、危険情報を今すぐ理解しましょう。コピートレードで安全にトレードを成功させる方法、そしてバイナリーオプションでのコピートレードの検証内容もお届けします。コピートレードをバイナリーオプションで応用するシグナルトレード手法も公開しますので、最後までぜひお読みください。この内容を読んで、ブビンガバイナリーでのトレードで失敗しない技術を身につけて、あなたの将来のトレードでの成功に役立てていきましょう。 目次: コピートレードとは? コピートレードのメリット コピートレードのデメリット コピートレードの種類 コピートレード詐欺に気をつけよう! バイナリーオプションのコピートレードについて ブビンガバイナリーでコピートレードは可能? ブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」のトレード方法 まとめ よくある質問 コピートレードとは? コピートレードとは、あるトレーダーのトレードを自動的にコピーして、ご自身の取引アカウントで同じトレードを行うシステムのことです。例えば、あなたが投資のプロや成功しているトレーダーを見つけ、その人がトレードする通貨などを自分も同時に買ったり売ったりすることができます。このシステムは、主に外国為替市場(FX)や株式市場、仮想通貨(暗号通貨)市場などで利用されています。 一般的にはコピートレードを提供している取引所は、それぞれのトレーダーのトレードの成功情報を開示し、一般ユーザーはそれらのデーターを参考にして、トレーダーを選び、コピートレードを行います。それぞれのトレーダー(コピートレードを運用するトレーダー)は、運用益の10%とか15%を得ることができます。 なお取引所ユーザーは、複数のトレーダーを選ぶことができます。 トレーダー名 損益 トレーダーA +30% トレーダーB -50% トレーダーC +30% このように複数のトレーダーを3人同時に選んだ場合の収益は、+10%の収益となります。このようにリスク分散で複数のトレーダーを選ぶこともできるのがコピートレードです。 コピートレードは任せっきりのトレードとなり、取引所ユーザーは、どのトレーダーを信頼するかを選ぶことが重要となります。 コピートレードへの参加方法 コピートレードの具体的な仕組みについて見ていきましょう。 コピートレードを提供している会社を選ぶ どのプロのトレーダー(シグナル提供者、自動売買提供者)を真似するか選ぶ 投資する金額を設定する あとは、プロの投資家がトレードするたびに、自動的に同じトレードが自分の口座でも実行される このようにして、コピートレードへ参加することができます。コピートレードを提供している会社の信頼、信用度も重要ですし、どのプロのトレーダー(シグナル提供者、自動売買提供者)を選ぶときも過去の実績を中心に判断する必要があり、これらの部分は本当に慎重に選ぶ必要があります。 次にコピートレードのメリット、デメリットを見ていきましょう。 コピートレードのメリット (1)知識ゼロで勝利する可能性がある コピートレードは基本的に卓越しているトレードに任せます。あなたは何のトレードの技術、スキルを必要とせず、コピートレードが成功した場合、利益を得る可能性があります。 (2)投資信託のように待っているだけで利益を享受できる 毎日忙しいあなたでも、ほったらかしで利益を得ることができます。 (3)リスク分散 複数のトレーダーのトレードをコピーすることで、リスクを分散し、一つの判断ミスが全体のパフォーマンスに大きな影響を与えることを避けることができます。 コピートレードのデメリット (1)利益の保証がない コピーするトレーダーが成功している過去の実績があっても、将来も同じように成功するとは限りません。マーケット、市場は常に変動し、過去の成績が将来の成果を保証するものではありません。 (2)手数料がかかる コピートレードを提供するプラットフォームやサービスには手数料がかかる場合があり、これが利益を減少させる原因となることがあります。基本的にはコピーするトレーダーに10%とか、15%の手数料を支払う必要があります。 (3)コントロールの喪失 自分でトレードを行わずに他人のトレードをコピーすると、自分の資金がどのように運用されているかについてのコントロールを一部失います。任せっきりの状態で自分自身のトレードの範疇から離れてしまいます。 (4)コピートレードへの最低参加料の設定がある場合 コピートレードの自動トレードの場合、1,000ドル以上から参加可能など、コピートレードへの最低参加料の設定がある場合があり、それ以下だとコピートレードへ参加することができません。 (5)コピートレードの細かい設定が初心者には分かりにくい コピートレードの自動トレードの場合、損切り(ロスカット)の設定など、かなり分かりにくく、初心者には設定が難しい場合があります。極力リスクが少ない設定が必要なコピートレードの場合は、設定が大変です。 (6)日本からのアクセスの場合、「投資助言業務」に抵触し違法の可能性 コピートレードは、日本国内では「投資助言業務」にあたるため、投資助言の資格を持たずにコピートレードを日本人へ提供することは、賛否両論があるかもしれませんが、コピートレード 違法の可能性もあります。 コピートレードの種類 コピートレードの種類として重要なのは、コピートレード自動売買の場合、コピートレードを途中で停止できるか、決済、出金がいつでも可能か?というところが重要な点です。 コピートレードの停止が契約期間中は不可能な場合、決済、出金が契約期間中は不可能な場合も危険なコピートレードかもしれません。 コピートレードの停止が契約期間中は不可能や、決済、出金が契約期間中は不可能なコピートレードはお勧めしません。充分注意してください。 一般的なコピートレード コピートレードは、ユーザーがお気に入りのトレーダーを選び、そのお気に入りのフォローしているトレードの複製で、基本的にはコピートレード自動売買を途中で停止できますし、決済、出金がいつでも可能です。 (2)MAM(マム)やPAMM(パム)というコピートレード fx コピートレードで見かけるMAM(マム)やPAMM(パム)は、投資信託のようなスタイルで、FX業者に雇用されているプロトレーダーが多く、コピートレードの停止が契約期間中は不可能や、決済、出金が契約期間中は不可能というスタイルが多く、MAM(マム)やPAMM(パム)というコピートレードには注意が必要です。このようなスタイルは、コピートレード 勝てない 場合が多く、トレード履歴も公開せず、最悪の場合、稀に詐欺のケースもあります。 コピートレード詐欺に気をつけよう! コピートレードはレビューや実績を確認して、信頼のある取引所を利用するようにしましょう。コピートレード詐欺が発生しているようなので、その実例を見ていきましょう。 SNSからの勧誘 「必ず儲かる」という甘い話でSNS等から連絡があり、聞いたことないような新しい取引所に勧誘、コピートレードで資金を失うケースがあるようです。「必ず儲かる」という甘い話には、気をつけましょう! YoutubeやInstagramで人気のインフルエンサーが、詐欺と知らずに告知 インフルエンサーが案件として、コピートレード詐欺取引所から委託されて動画を作っているため、視聴者は知らずにコピートレード詐欺取引所を紹介する可能性があります。聞いたことないような新しい取引所には注意しましょう。新しい取引所を利用する場合は、レビューや実績を確認することが重要です! マッチングアプリ経由での誘いも要注意! SNSからのからの勧誘同様、偶然出会ったように装い、マッチングアプリ経由での「必ず儲かる」という甘い話は絶対に信用しないようにしましょう!マッチングアプリで出会った人がコピートレードに誘ってくる場合は、詐欺の可能性がかなり高いので、気をつけましょう!投資に100%儲かるという話はありませんからね! バイナリーオプションのコピートレードについて バイナリーオプションでは、基本的にコピートレードを提供している取引所はありません。そして外部のコピートレード自動売買システムをバイナリーオプション取引所で利用する場合は要注意です。なぜなら多くのバイナリーオプション取引所では自動売買を禁止しているからです。バイナリーオプションの自動売買ツールの使用や集団トレードが禁止されています。そこで、バイナリーオプション取引所でコピートレードは行わないようにしましょう。バイナリーオプションの自動売買ツールを利用することで、アカウント凍結になる可能性もあります。 ブビンガバイナリーでコピートレードは可能? ブビンガバイナリーには自動売買のコピートレードはありません。コピートレードは基本的には自動売買のため、ご自分の判断は全く無く、トレードのコントロールができません。ご自身でトレードのコントロールができないというところが、コピートレード自動売買の大きな問題です。 そこでお勧めなのがご自身でトレードのコントロールができるコピートレードのようなブビンガバイナリーのバイナリーオプション「トレーディングルーム」サービスです。 ブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」サービスは、自動売買ではありませんが、バイナリーオプションのコピートレードのようなサービスで、プロのトレーダーがその投資対象物の「売りか買いかというエントリー方法」と「その理由、根拠」がシグナル配信として公開されます。 自動売買システではないので、ご自身でトレードのコントロールが可能で、安心、安全にトレードを行うことが可能です! トレーダー(あなた)は、そのシグナル配信に従いトレードすることで、プロのトレーダーと一緒の行動でバイナリーオプショントレードに参加することができます。この部分はコピートレードに似ていますよね! 一般的にコピートレード自動売買のようなトレードは、多くのバイナリーオプション取引所では、集団取引として禁止されていて、行うことができないので、ブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」は試す価値のあるサービスとなっています。 この機会にぜひブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」を試して見ましょう! ブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」のトレード方法 ここではブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」シグナル配信のやり方を解説していきましょう。まずはブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」シグナルの開催時間をご確認ください! 【ブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」の開催時間】 時曜日 時間帯(日本時間) 平日第一部 16:00から21:00 平日第二部 23:00から2:00(am) 土曜日、日曜日 21:00(or 20:00)から1:00(or 24:00) (1)ブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」シグナルの開催時間にブビンガバイナリーへアクセスします!そしてトレード画面左の「トレーディングルーム」をクリックします! (2)次画面にて取引額を決めましょう。100円からのバイナリーシグナルトレードが可能です。100円、500円、1,000円、2,500円、5,000円とバイナリートレード額を選ぶことができます!なおトレード銘柄は、予測しやすい銘柄を「トレーディングルーム」の方で決めてきます。 最後に緑色(価格上昇予測)か赤色(価格下落)の矢印ボタンをクリックしてトレード設定完了です!結果を待ちましょう! ブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」のシグナル配信トレードはとっても簡単ですからね!なおこの「トレーディングルーム」のシグナル配信トレードはデモマネートレードでも利用することができるので、ぜひお試しください。 コピートレードのまとめ コピートレード自動売買をお勧めしない理由、それは自動売買のため、あなたご自身がトレードをコントロールすることができず、寝ている間に損をしてしまう可能性もあるからです。 そこでお勧めなのが、ブビンガバイナリーのコピートレードのような「トレーディングルーム」のトレード手法です。 これは自動売買で無いため、ご自身でトレードを行うか、行わないかの判断ができて、トレードをコントロールできます。 参加に関してもコピートレード自動売買のように、1,000ドル以上必要のようなルールは無く、バイナリーオプションにて100円からのトレードが可能です。 トレード初心者にピッタリなのが、ブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」サービスを活用したトレードスタイルです。 ブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」の開催時間である平日、日本時間で16:00から21:00、さらに23:00から2:00(am)、そして土曜日、日曜日は21:00から24:00までとなっています。なお時刻等は変更になる可能性があるので、公式サイトでご確認ください! これらの時間は、ブビンガバイナリのへログイン! ブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」サービスを活用したトレードで多くの成功を手に入れて、あなたの欲しいものを手に入れましょう!...
MACD完全ガイド: 相場分析の最強ツールを徹底攻略!
「今すぐMACDでマーケット、市場の小さな波を捉え、大きな利益を手に入れましょう!」これを実現させる可能性があるのがテクニカル分析であるMACDの魅力で、この記事では、MACDの仕組みを理解し、実際のトレードでどのように活かすかを基礎から応用まで詳しく解説していきます。MACDと相性の良い他のテクニカル分析ツールも紹介していくので、本当に勝ちたければこの記事を最後まで読み進めていきましょう。MACDはテクニカル分析の中でも、基本中の基本、このブビンガバイナリーでも使える分析ツールを習得して、バイナリーオプションで大きな成功を手に入れましょう! MACDとは? テクニカル分析でよく聞くMACD、読み方はマックディーと言われていて、この指標、インジケーターは、為替レートや株価などの価格変動を分析し、バイナリーオプションでも利用され、投資対象物の価格の将来の動きを予測するのに役立ちます。MACDを使うことで、過去の価格データを基に、価格が上昇するのか、下降するのか、あるいはあまり変わらないのかの予想が予測できるので、とても便利な相場予測ツールとなっています。 MACDの見方 macd とは主に3つの部分から成り立っています。 MACDライン(MACD線) これは投資対象物の価格の短期間の動きと長期間の動きの差を表します。簡単に言うと、最近のマーケット、市場の動きが、もう少し長い期間での動きと比べてどうなのかを見る線です。上記MACDではピンクのラインがMACDライン(MACD線)です。 シグナルライン(シグナル線) MACDラインをもう少し滑らかにしたものです。この線がMACDラインとどう交わるかを見ることで、マーケット、市場の動きが変わるサインを捉えることができます。上記MACDでは黄色のラインがMACDライン(MACD線)です。 【MACDライン(MACD線)とシグナルライン(シグナル線)の見方】 ゴールデンクロス MACDラインがシグナルラインを下から上に抜ける時、これを「ゴールデンクロス」と言います。市場が強くなり、価格が上がると判断するサインです。 デッドクロス 逆に、MACDラインがシグナルラインを上から下に抜ける時は「デッドクロス」と呼ばれます。市場が弱くなり、価格が下がると判断するサインです。 棒グラフ(ヒストグラム) ヒストグラムと呼ばれ、MACDラインとシグナルラインの差を棒グラフで表したものです。これがどのように変化するかで、マーケット、市場の勢いを感じ取ることができます。 棒グラフ(ヒストグラム)の拡大、縮小、その他に、MACDにはゼロラインがあり、そのゼロラインの上下からの売り買いのサイン、さらにダイバージェンスというマーケットと反対の方向へ向かうMACDからサインを読みとり、売り買いを判断するダイバージェンス現象からサインを受け取ることができます。 このように基本的にMACDの見方としては4つあります。 MACDライン(MACD線)とシグナルライン(シグナル線)のクロス 棒グラフ(ヒストグラム)の拡大、縮小 ゼロラインの上下 ダイバージェンス(マーケットと反対の方向へ向かうMACDからのサイン) これらは後ほどもっと詳しく解説していきます! MACDの計算式 MACDは短期間と長期間の平均価格の差を見ることで、価格の動きがどうなっているかをチェックするツールです。ここでは、MACDの計算式を見ていきましょう。 MACDの計算式 MACD線=短期移動平均線 - 長期移動平均線 シグナル線=MACDの9日移動平均線 ここに登場する移動平均線とは、投資対象物の価格の平均値を一定期間にわたって計算した数値です。 MACDでは、通常、12日間の移動平均線と26日間の移動平均線を使います。これは、過去12日間と26日間の価格を平均化したものです。短期間の平均価格と長期間の平均価格の差を見ることになります。この差が大きければ大きいほど、価格の動きに勢いがあると言えます。 シグナルライン(シグナル線)とは? MACDには、MACD線とシグナルライン線があります。シグナルライン線はMACDラインをさらに滑らかにしたものです。このために、MACD線の9日間の移動平均線を使います。これがシグナルラインで、MACD線よりも滑らかな動きをします。 シグナルライン線は、MACD線の最近9日間の指数移動平均線です。これがシグナルラインとなり、MACD線と比較して、トレンドの変化を見つけるのに役立ちます。 【MACDの計算の計算例】 MACDで利用されている移動平均線は、正確に言うと指数平滑移動平均で、これは略してEMAと言われています。 (1)macd 計算式 ・MACD線=短期EMA(12日間) - 長期EMA(26日間) でしたね。 まずは短期EMA(12日間)を算出します。 そして次に長期EMA(26日間)を算出します。 それぞれのEMAの算出は、ここでは省略して、 例として、 短期EMA(12日間)=535.58円 長期EMA(26日間)=560.08円としましょう。 MACD線=535.58円-560.08円=-24.49 となります。 (2)シグナルラインの計算 次にシグナルラインの計算をしましょう。 シグナルラインは、MACDラインの9日EMAです。この計算には、複数日分のMACDラインの値が必要です。 今回は例として、 シグナルライン(MACDラインの9日EMA)は、-0.29とします。 MACDラインが-24.49、シグナルラインが約-0.29となっています。これは、MACDラインがシグナルラインよりも下にあるため、マーケット、市場が下降トレンドにあると判断します。 なお、これらの計算ですが、テクニカル分析ツールが全て自動で行ってくれるので、軽く理解するだけで大丈夫ですからね! MACDの設定方法 ここではアカウント開設だけで無料で利用できるブビンガバイナリーのテクニカル分析ツールのMACDを使って、macd 設定方法を開設していきましょう。 (1)ブビンガバイナリーへログイン後、「棒グラフボタン」をクリックして、「新しい」セクションになっていることを確認し、そして「MACD」を選択します! (2)このように設定することで、一般的なMACDの設定値が完成します。 ファスト線の期間(短期EMA)「12」 スロー線の期間(長期EMA)「26」 シグナル期間「9」 線の太さや色はお好みです。 なお参考までに設定値例を記載しますので、参考にして設定値を微調整しましょう。 トレード期間 ファスト線の期間(短期EMA) スロー線の期間(長期EMA) シグナル期間 短期トレード 6 19 9 中期トレード 12 26 9 長期トレード 19 39 9 (3)これでブビンガバイナリーでの一般的に利用できるMACDの設定は完了です! ブビンガバイナリーでのMACDの設定は簡単ですからね!つまりブビンガバイナリーでは簡単にMACDを利用することができます。 MACDの使い方 ここではmacd 見方、使い方、macd シグナルの受け取り方を見ていきましょう!とても大切なことばかりですからね! MACDの上昇クロスと下降クロスについて (1)上昇クロス(ゴールデンクロス) MACD線がシグナル線を下から上に抜けたとき、これは多くのトレーダーにとって「買い」のシグナルと判断します。 この現象は、短期的な価格の動きが長期的な動きを上回り始めたことを示していて、マーケット、市場の勢いが上向きに変わりつつあることを意味します。バイナリーオプショントレードでは、このシグナルを見て、価格が上昇すると予想して「買い」と判断します。 (2)下降クロス(デッドクロス) 逆に、MACD線がシグナル線を上から下に抜けたときは、「売り」のシグナルと判断します。 この時、短期的な価格の動きが長期的な動きを下回り始めることを示し、マーケット、市場の勢いが下向きに変わりつつあることを示しています。このシグナルを受けて、トレーダーは価格が下降すると予想して「売り」と判断します。これらのサインはmacd 使い方として最もポピュラーなサインです。 棒グラフの長さについて MACDチャートには、棒グラフ(ヒストグラム)も表示され、これはMACD線とシグナル線の差を表しています。ヒストグラムの長さは、マーケット、市場の勢いやトレンドの強さを示す重要な指標です。 (1)強気のシグナル グラフの棒が上に伸びている場合、マーケット、市場が強気の勢いを持っていることを示しています。棒が長くなるほど、そのトレンド(傾向)は強くなっていると言えます。 このような状況では、価格が上昇し続ける可能性が高いため、バイナリーオプショントレードで「買い」と判断します。 (2)弱気のシグナル 逆に、グラフの棒が下に伸びている場合、マーケット、市場が弱気の勢いを持っていることを示しています。棒の長さが増えるほど、その下降トレンドは強くなっていると見ることができます。この場合、価格が下降し続ける可能性が高いため、バイナリーオプショントレードで「売り」と判断します。 MACDのゼロラインの上下 テクニカル分析であるMACDには、0の中心線があります。 MACD線が0の中心線を越える動きも、大きなトレンドの変化を示すシグナルとして注目されます。 (1)上昇トレンドの始まり...
ストキャスティクス指標とは?基本から応用まで徹底解説!
トレードの世界では、正しい情報と分析が成功への秘訣です!トレードの基本である「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」の状態のシグナルを受け取れるストキャスティクス分析をマスターすることで、あなたのトレード戦略に新たな手法が加わります。この記事では、ストキャスティクスを使った勝率アップのコツを、ゼロから誰でも実践できるように解説します。バイナリーオプションにおいて、運や勘に頼る「感情トレード」を早く卒業して、ワンランク上のトレード手法を手に入れて、Bubingaで多くの利益を手に入れましょう! 目次 ストキャスティクスとは? ストキャスティクスの計算式 ストキャスティクスの設定方法 ストキャスティクスの使い方 ストキャスティクスの組み合わせ ストキャスティクス利用の注意点 ストキャスティクスのまとめ よくある質問 ストキャスティクスとは? ストキャスティクス(Stochastics)とは、投資対象物がマーケット、市場内でどれだけ「買われすぎ」状態にあるか、または「売られすぎ」状態にあるかを示すために使われる指標のことです。このシグナル情報を元に、投資対象物の価格の反転点を見極めるための手がかりとすることができます。 簡単に説明すると、このストキャスティクス インジケーターはマーケット、市場の動きの勢いを計るもので、過去の特定期間と比較して現在の価格がどの位置にあるのかを教えてくれます。これは分析ツールとしてとても有効であり、テクニカル分析において多くのトレーダーに利用されているんです! ストキャスティクスの見方 ストキャスティクス指標は、トレーダーがマーケット、市場の現在の状態を把握し、将来の価格変動を予測するのに役立つツールです。この指標は一般的に0から100までの値で表示され、マーケット、市場の「買われ過ぎ」または「売られ過ぎ」の状態を示します。 具体的には、二つの重要な線、%K線と%D線を通じてマーケット、市場の動向を解析します。 %K線は、比較数値で、最近の投資対象物の価格が、前のある期間の中で最も高かった時と最も低かった時の間でどのくらいの位置にあるかを見せてくれます。これで、最近の投資対象物の価格がどんな風に動いてるか、そしてそれが前の時期と比べてどうかが分かります。 %D線は、%K線の平均を取って作られる線(移動平均)で、マーケット、市場の流れがどんな感じかをもっとスムーズに見せてくれます。このおかげで、価格の急な上下動が少し落ち着いて見えて、トレンド(傾向)がどうなってるかがもっとはっきりとします。 ストキャスティクス指標で大切なのは、特定の数字が大事なヒントをくれるってことです。たとえば、80のレベル以上で、みんながその投資対象物をたくさん買い過ぎていて(「買われ過ぎ」状態)、そのうち価格が下がるかもしれないというサインです。 逆に、20レベル以下だったら、投資対象物がたくさん売られ過ぎていて(「売られ過ぎ」状態)、価格が上がる可能性があることを教えてくれます。 ストキャスティクス 見方 まとめ 80以上: マーケット、市場で「買われ過ぎ」の状態。価格が下落する可能性があります。 20以下: マーケット、市場で「売られ過ぎ」の状態。価格が上昇する可能性があります。 これらの情報を活用することで、トレーダーは、マーケット、市場が過熱しているのか、それとも過小評価されているのかを判断し、価格の転換点が近づいているかもしれないというシグナルを受け取ることができます。 ファーストストキャスティクスとは? 参考情報として、ストキャスティクスには2種類あります。1つ目のファーストストキャスティクスとは、マーケット、市場の小さな動きにすぐ反応する敏感な指標のことです。想像してみてください、マーケット、市場は日々いろんなニュースに反応して動きます。この指標は、そうした短期間での動きをすぐに捉えて、サッと反応します。一瞬の価格変動も見逃さず、チャンスを逃さないよう教えてくれます。ただしファストストキャスティクスは相場に対してかなり敏感に反応し激しく動くため、誤ったシグナルにて騙しに遭いやすい特徴があるので注意が必要です。 スローストキャスティクスとは? 2つ目のスローストキャスティクスは、名前の通り、もう少しゆっくりとした指標です。こちらはマーケット、市場の動きを落ち着いて見て、もっとスムーズで長期的なトレンドを教えてくれます。マーケット、市場の一時的な騒がしさを静めて、「この先、長い目で見たらどうなるのかな?」という大きな流れを示してくれます。この指標は、すぐに反応しない代わりに、もっと重要なトレンド(傾向)の変化を見極めてくれます。 ファーストストキャスティクスとスローストキャスティクスの違い この二つの指標、要は「速さ」と「なめらかさ」の違いがあります。ファーストストキャスティクスは「サッと動きたい人」向け。マーケット、市場がちょっとした動きを見せたら、すぐにそれに合わせて動けます。一方スローストキャスティクスは、「じっくり考えたい人」向けです。マーケット、市場のざわざわを静めて、もっと大きな流れを見極めたい人にぴったりです。あなたがどんな投資スタイルを持っているかによって、これらの指標からトレードサインを受け取りましょう。なおバイナリーオプション取引所では、ファーストストキャスティクスとスローストキャスティクスのどちらか1つのストキャスティクスが配置されているところが多く、誤ったシグナル、騙しの少ないと言われているスローストキャスティクスを利用している取引所が一般的です。 ストキャスティクスの計算式 ここではストキャスティクス 計算式、計算方法を見ていきましょう。 ストキャスティクスには2つの線がありますね! %K線(ファスト線)と%D 線(スロー線)です。 ストキャスティクスの計算式 %K =(直近の価格 - 過去n日間の最安値)÷(過去n日間の最高値 - 過去n日間の最安値)× 100 %D = %Kの単純移動平均 計算例をあげていきましょう! 投資対象物の直近の価格が500円 過去9日間の投資対象物の価格表 日にち 投資対象物の価格 1日目 1200円 2日目 1100円 3日目 1200円 4日目 1300円 5日目 1100円 6日目 900円 7日目 800円 8日目 700円 9日目 600円 直近の価格は700円とします。 ストキャスティクスの%K線の計算式公式はこちらでした! %K =(直近の価格 - 過去n日間の最安値)÷(過去n日間の最高値 - 過去n日間の最安値)× 100 これに従います! 直近の価格は700円、そして過去9日間の最安値は、600円、さらに過去9日間の最高値は1300円これらの数値を公式に当てはめます。 %K =(700-600)/(1300-600)*100=14.29 %K 線のストキャスティクスは14.29です。 ストキャスティクスの%D線の計算式公式はこちらでした! %D = %Kの単純移動平均 %D線の計算では単純移動平均を利用します。 直近3日間の%K線の数字を足して、3で割ります。これで、直近3日間の平均の値が出ます。この平均の値が%D線になります。 日にち 投資対象物の価格 日にち 投資対象物の価格 7日目 800円 8日目 700円 9日目 600円 3日間の%K線の数字がそれぞれ800円、700円、600円だったとします。 このそれぞれの数値からそれぞれの日にちの%Kを出した後、この直近3日間の%K線の数字を足して、3で割った数値が、%D線であり、%Kの単純移動平均となります。 ストキャスティクスの%K線の計算式公式はこちらでしたね。 %K...
今すぐ利用したいモメンタムを徹底解説!成功する攻略法を公開
今すぐモメンタムをマスターして、「勘」や「運」や「思い」だけでトレードしている「感情トレード」を卒業して、トレードで多くの成功を手に入れましょう!バイナリーオプションを始める多くのトレーダーが重宝して利用しているのがモメンタム分析です。この力強いツール、モメンタムが示すマーケットにおいてのサインをどのように捉え、トレードに活かすかを解説します。そしてモメンタムと相性の良い他のテクニカル分析ツールとの併用により賢い投資戦略を練り、堅実なトレードで成功を掴み取りましょう!このブビンガバイナリーのブログを読むことで、簡単にモメンタムをマスターして、新しいトレード手法を手に入れることができるので、最後まで読み進めていきましょう。 目次: モメンタムとは? モメンタムの勝率は? モメンタムの計算式 モメンタムの長所と短所 ブビンガバイナリーでのモメンタムの使い方 バイナリーオプションでのモメンタムの攻略法 複数のテクニカル分析を利用してモメンタムを攻略! まとめ よくある質問 モメンタムとは? モメンタム(Momentum)とは、テクニカル分析で投資対象物の価格動向の勢いや速度を指します。これは、マーケットのトレンド(傾向)がどのように進んでいるか、またその勢いが「強い」か「弱い」かを判断するために使用される指標です。バイナリーオプションでは、トレーダーは投資対象物の価格が「上がる」か「下がる」かを予測してトレードを行いますよね。そこで、このモメンタムの分析がとても重要な役割を果たすことになります。なお、バイナリーオプションだけではなく、fx モメンタム 投資全般に利用できることが、このテクニカル分析の特徴です。次に「モメンタムの基本的な理解」を見ていきましょう。 モメンタムの基本的な理解 【価格の動きの速度】 モメンタムは、特定の時間枠内での価格変動の速度や強さを測定します。 モメンタムは価格がどれだけ早く動いているかを見ます。価格が急に上がると、モメンタムは高いと言えます。逆に、価格がゆっくりしか変わらない場合は、モメンタムは低いと言えます。 【マーケットトレンド(傾向)の方向性】 価格がモメンタムの0ライン(100ライン)より線が上で上昇トレンドにある場合、モメンタムは「上昇相場」と判断します。 逆に、価格が0ライン(100ライン)より線が下、下降トレンドでは「下降相場」と考えられます。 0ライン(100ライン)より線が上→上昇相場 →0ラインを上抜けた時→「買い」エントリー 0ライン(100ライン)より線が下→下降相場 →0ラインを下抜けた時→「売り」エントリー このようにしてモメンタムを活用して判断し、トレードで利用します。 次に勝率を見ていきましょう。 モメンタムの勝率は? モメンタム インジケータを利用してのトレードの勝率は、一般的に50%から70%の範囲で変動と言われています。ただしこれは保証されたものではなく、トレンド(傾向)がはっきりしているマーケットでは、モメンタム戦略がより有効に働く可能性があり、そして不安定またはレンジ相場(マーケットの動向が動かないような相場)では、モメンタム信号が誤った指示を出すことがあり、勝率が低下する可能性があります。 さらにトレードにおいてのモメンタム 勝率は、トレーダーの経験にも依存し、マーケットに対する理解、リスク管理の能力も勝率に大きく影響します。 次にモメンタムの基本、このテクニカル分析の計算式を見ていきましょう。 モメンタムの計算式 モメンタムの計算式を見ていきましょう。 モメンタム=現在の終値-n日前の終値 モメンタム 計算式は、他のテクニカル分析と比べても単純な計算式となっています! 【モメンタムの計算式の例】 n日前の終値を一定として、現在の終値の変動で価格が変更になった例を見ていきましょう。モメンタムは、「現在の終値-n日前の終値」で算出しています。 現在の終値 n日前の終値 モメンタム 500円 480円 20 800円 480円 320 400円 480円 -80 320円 480円 -160 880円 480円 400 上から現在の終値が500円の場合、モメンタムは20です。 これは、n日前に比べて価格が20円上昇したことを意味しています。 表の2番目で、現在の終値が800円の場合、モメンタムは320です。 価格が大幅に上昇していて、とても強い上昇トレンドを示しています。 表の3番目で現在の終値が400円の場合、モメンタムは-80です。 価格がn日前に比べて80円下がっているため、下降トレンドを示しています。 表の4番目で現在の終値が320円の場合、モメンタムは-160です。 こちらも価格が下降していて、さらに強い下降トレンドを示しています。 表の5番目で現在の終値が880円の場合、モメンタムは400です。 これはとても強い上昇トレンドを意味し、n日前に比べて価格が400円も上昇しています。 実践トレードにおいてのこれらの計算は、全てテクニカル分析ツールが自動でグラフ表示しますので、計算は必要ないですからね! モメンタムの長所と短所 ここではモメンタムの長所と短所を見ていきましょう。長所と短所を見ることで、さらにモメンタムの特徴を理解することができますからね! モメンタムの長所(メリット) (1)トレンドの識別 モメンタムを使うと、トレード対象物のマーケットがどの方向に動いているか(上がっているか、下がっているか)が分かります。これによって、どのタイミングでトレードをすればいいか判断しやすくなります。 (2)強い動きに乗る モメンタムが強いときにトレードをすると、その動きに乗って利益を得るチャンスがあります。つまり、トレード対象物の価格が急激に上昇または下降している時にトレードをすれば、利益を得やすいです。 (3)シンプルな判断基準 モメンタムは数字やグラフで表されるので、比較的理解しやすいです。初心者でも、マーケットの動きを素早く把握することができます。 モメンタムの短所(デメリット) (1)遅れる可能性 テクニカル分析インジケーターであるモメンタムは、過去のデータに基づいているため、マーケットの変化に反応するのが遅れることがあります。つまり、マーケットの動きが変わっても、それをすぐには捉えられないことがあります。 (2)誤ったシグナル マーケットが不安定な時、モメンタムは誤った信号を出すことがあります。たとえば、一時的な価格の上昇や下降を大きなトレンドと誤解してしまうことがあります。 (3)単独では不十分 これはモメンタムだけではなく多くのテクニカル分析、インジケーターツールに言えることですが、モメンタムだけを使ってトレードをするのは、トレード判断としてリスクが高いです。他の分析方法やツールと組み合わせて使うことが大切です。 ブビンガバイナリーでのモメンタムの使い方 ここではブビンガバイナリーでのモメンタムの利用方法を解説していきましょう。今回は今話題のビットコイントレードをバイナリーオプショントレードとして説明していきます。なお投資対象物は、どの投資対象物でも、モメンタムの使い方は同じですからね。 (1)まずはブビンガバイナリーへログイン、そしてトレード画面の左下の「折れ線グラフボタン」をクリックして、出現する色々なテクニカル分析インジケーターから「Momentum」を選択しましょう! (2)モメンタム 設定において、期間は相場の分析をしたい期間です。期間を小さくすれば短期的なトレンドを把握でき、逆に大きくするほど長期的なトレンドの強さを測れます。期間値は9~14日が一般的です。初回の設定期間は一般的なモメンタムで人気のある設定値である「10」か「14」を利用しましょう。「線の太さ」や「線の色」はお好みです! (3)これでブビンガバイナリーでのモメンタムの設定は完了です! 直近の相場が上昇傾向であっても、設定での期間を長くしてモメンタムを使えば、超短期な価格変動だと判明するかもしれません。 自分のトレードスタイルに合わせてモメンタムの期間設定をして相場分析をしていきましょう! バイナリーオプションでのモメンタムの攻略法 モメンタムの攻略法としてまずはモメンタムの見方、そしてバイナリーオプショントレードでの利用方法を解説していきます。 「買い」エントリーの攻略法 0ラインを上抜けた時→「買い」エントリーを行います。 →0ライン(100ライン)より線が上→上昇相場 「売り」エントリーの攻略法 0ラインを下抜けた時→「売り」エントリーを行います。 →0ライン(100ライン)より線が下→下降相場 複数のテクニカル分析を利用してモメンタムを攻略! モメンタムだけでトレード判断をするのは危険です。複数のテクニカルトレードを利用、モメンタム 組み合わせをして、トレードの成功に向けた投資スタイルを確立していきましょう! 移動平均線 説明 移動平均線は、特定期間の価格データの平均値を結んだ線です。この線は価格の一般的な方向性を示し、トレンドを識別するのに役立ちます。 利用方法 ・単純移動平均(SMA)...
成功へ導くミラートレード基礎知識と応用テクニック
今すぐミラートレードを利用して安定的にトレードで成功して報酬を手に入れる方法を身につけましょう。ミラートレードは、経験豊富なトレーダーの取引手法で誰でもトレードができる画期的な方法です。このBubingaのブログでは、ミラートレードの基本から特徴、利点と欠点、落とし穴、よくある間違い、ミラートレードで必ず知っておくべき情報、バイナリーオプションで可能なミラートレードを行う特別な方法、最後によくある疑問までをお伝えしていきます。この記事を読むことで、ミラートレードについて、そしてバイナリーオプションでミラートレードを行う方法が分かることでしょう!最後までお読みください。 目次: ミラートレードとは? ミラートレードの特徴 ミラートレードのデメリット ミラートレードは違法性がある? ミラートレードは儲かる? ミラートレードのコツ ミラートレードの行い方 ミラートレードの注意点 ブビンガバイナリーのミラートレード ミラートレードのまとめ よくある質問 ミラートレードとは? ミラートレードは、別のトレーダーのトレードをリアルタイムでコピー、真似してトレードを行う投資戦略です。鏡に映すように、つまり「ミラー」のように取引をすることから、ミラートレードと呼ばれています。 この方法では、経験豊かなトレーダーのトレード手法を自分のアカウントで自動的に再現し、その利益を受けることができます。 取引所でお気に入りのトレーダーやストラテジーを選択したら、そのストラテジーに基づいて基本的には自動的にトレードが行われます。つまり、自分でチャートを見たり、エントリーや決済のタイミングを決めたりする必要はありません。 まさに他人任せのトレードとなりますが、お気に入りのトレーダーやストラテジー(戦略)を選択することにおいての選択が、このミラートレードの重要なところであり、トレードで成功するか、失敗するかの分かれ目となります。 ミラートレードの特徴 ミラートレードの特徴は、初心者でも経験豊富なトレーダーの知識、トレード手法を利用できることです。「感情トレード」を、ご存知でしょうか?「感情トレード」とは、負けた時に、「次は絶対に勝つ!」のような、根拠のない感によるトレード、感情に流されてしまうトレードです。ミラートレードは、この感情に左右されずにトレードができるため、勝てるトレーダーやストラテジーを選ぶことによって、確固たるトレード戦略が可能になります。 ミラートレードには、これらの3つの特徴があります。 初心者でも簡単に始められる。 プロのトレーダーのトレード手法で投資戦略を組むことができる。 自分の判断で売買を行う裁量取引に比べて圧倒的に手間が省ける。 ミラートレードでは、自分でチャートを見たり、エントリーや決済のタイミングを決めたりする必要がありません。そのため、FXやバイナリーオプションの初心者でも簡単に始めることができます。 また、ミラートレードでは、プロのトレーダーのトレードを真似することができます。そのため、プロのトレーダーと同じような成績を上げることができる可能性があります。 さらに、ミラートレードでは、自分の判断で売買を行う裁量取引に比べて手間が圧倒的に省けます。そのため、仕事や家事、育児、趣味が多彩で時間が無い忙しい人でも、手軽にトレードで資産運用を行うことができます。 こんな夢のようなミラートレード、逆にデメリット、短所は次の項目で見ていきましょう。 ミラートレードのデメリット デメリットとしては、選ばれたトレーダーの成績、トレード戦略、ステラトジーがご自身の目標に合わない場合があります。そして、トレードでの成功に100%は無い為、市場の変動により、損失を被るリスクも伴います。 ミラートレードには、これらの3つのデメリットがあります。 損失を被るリスクがある。 ストラテジー選びが重要で、ここに時間を使う。 利用する取引所の選び方も慎重に! ミラートレードでは、自分でトレードをコントロールすることができないため、損失を被るリスクがあります。そしてそれに対しての損失補填は基本的にありません。そのため、トレーダー、トレード戦略、ストラテジーの選択は慎重に行う必要があり、トレーダー、トレード戦略、ストラテジー次第で成績が大きく左右されます。トレーダー、トレード戦略、ストラテジーの選択、ここに多くの時間を時間を使う必要がります。ミラートレードにおいて、利用する取引所の選び方も慎重に行う必要があります。新しい取引所で、まだ評判や口コミが無い取引所は、選ぶのは避けましょう。ミラートレードで勝てない、ミラートレードにおいて、意図的にトレードで負けさせるという悪徳業者、取引所では絶対にトレードしないようにしましょう。 ミラートレードは違法性がある? ミラートレード自体は違法ではありません。取引所、プラットフォームが運営している国、そしてミラートレードを依頼する国によっては、固有の法律、規制がある場合があり、法律、規制が異なるため、その点は事前に確認が必要です。 あとはミラートレードサービスを提供する取引所、業者によっては、トレーダーを意図的に負けさせるなどのミラートレード 違法な行為を行っていたりする場合があるので、注意しましょう。 ミラートレードは儲かる? ミラートレードでは、プロのトレーダーと同じような成績を上げることができる可能性があり、その場合は多くのトレードでの成功報酬を受け取れます。このようにミラートレードは利益をもたらす可能性がありますが、市場の変動や選んだトレーダーの成績に大きく左右されます。 選んだトレーダーの成績に大きく左右されるため、必ず儲かるというわけではありません。ミラートレードでは、トレーダー、トレード戦略、ストラテジーの選び方やミラートレードの運用方法が重要です。 なお、投資対象物の世界的な情勢による相場の状況によっても、トレードでの成功報酬、成績は大きく左右されます。 ミラートレードのコツ 成功のコツは、自分の投資目標に合った信頼できるトレーダー、トレード戦略、ストラテジーを時間をかけて見つけることです。また、そのまま、ほったらかしにせず、定期的に戦略を評価、精査し、必要に応じてトレーダー、トレード戦略、ストラテジー調整することも重要です。 ミラートレードで成功するためには、次のコツを押さえましょう。 複数のトレーダー、トレード戦略、ストラテジーを比較する それぞれのストラテジーのリスクを確認する 情勢等のファンダメンタル的な要素も含めた相場の状況を把握する 定期的に成績を確認する 最初から大きいい金額での運用はしない 複数のトレーダー、トレード戦略、ストラテジーを比較することで、自分に合ったトレーダー、トレード戦略、ストラテジーを見つけることができます。また、ストラテジーのリスクを確認することで、損失を抑えることができます。 さらに、世界情勢などのファンダメンタル的な要素も含めた相場の状況を把握することで、より適切なタイミングでトレードを始めることができます。最後に、定期的に成績を確認することで、ミラートレードの運用状況を把握し、必要に応じてストラテジーの変更や運用方法の見直しを行うことができます。 なお、初めてミラートレードにトライする場合は、最初から大きな金額での参加はリスクが伴います。少額でのトレードから始めましょう。トレードでの最大の失敗は、全財産を運用し、大半を失い、トレードから退場することです。これだけは避けなければなりませんので、最初から大きいい金額での運用はしないようにしましょう。徐々に勝てる要素、コツを把握してから金額を増やしていきましょう。 ミラートレードの行い方 ミラートレードを行うには、まずミラートレードサービスを提供する取引所、業者にアカウント(口座)を開設します。そして、その取引所、業者が提供する情報において、トレーダー、トレード戦略、ストラテジー、取引ルールを選択します。徴には、多くのさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。 ミラートレードを行うには、次の手順で行います。 ミラートレードサービスを提供する取引所(業者)にアカウント(口座)を開設する トレーダー、トレード戦略、ストラテジー、取引ルールを選択する 選んだトレーダー、トレード戦略、ストラテジー、取引ルールの設定を行う トレードを開始する アカウント(口座)開設は、取引所(業者)のホームページから申し込みを行うことができます。トレーダー、トレード戦略、ストラテジー、取引ルールの選択は、取引所(業者)のホームページやブログなどで確認することができます。トレーダー、トレード戦略、ストラテジー、取引ルールの設定は、業者によって異なるため、トレード開始前に確認しましょう。 ミラートレードの注意点 市場、マーケットの変動によるリスクを理解し、自分の投資限度を超えないようにすることが重要です。また、信頼できる取引所、プラットフォームを選ぶことも必須です。 ミラートレードを行う際には、次の点を注意しましょう。 損失を被るリスクがあり、トレードでの成功は絶対では無い トレーダー、トレード戦略、ストラテジー選びが重要 取引所、業者の信頼性を確認する ミラートレードでは、自分が取引をコントロールすることができないため、損失を被るリスクがあります。また、選んだトレーダー、トレード戦略、ストラテジー次第で成績が大きく左右されます。取引所、業者の信頼性を確認することが最も重要で、評判や口コミがまだ無い新しい取引所等は利用しないようにしましょう。取引所、業者側にて、ミラートレードが勝てない設定になっていたり、成功したトレードでの報酬が出金できないなどの悪質な業者を選択するリスクを避けましょう。 ブビンガバイナリーのミラートレード バイナリーオプションでミラートレードをする場合は要注意です。なぜなら多くのバイナリーオプション取引所ではミラートレードを禁止しているからです。バイナリーオプションの自動売買ツールの使用や集団取引が禁止されています。バイナリーオプション ミラートレードはやらない方が良いでしょう。 そこでお勧めなのがブビンガバイナリーのミラートレードです。ブビンガバイナリーでは、入金量に応じて利用できる「トレーディングルーム」と言うサービスがあり、ブビンガバイナリーに認められたトレーダーのエントリータイミングを公開しています。 ここではブビンガバイナリーに認められたトレーダーの「投資対象物(銘柄)」と「売りか買いかというエントリー方法」と「その理由、根拠」が表示されます。 トレーダーがご自身でエントリーする必要があるため、厳密に言うとミラートレードではありませんが、ブビンガバイナリーに認められたトレーダーのシグナル配信に従ってバイナリーオプション取引所であるブビンガでトレードすることが可能です。 バイナリーオプションでミラートレードをお探しの方は、ブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」サービスで、バイナリーオプション ミラートレードのようなサービスを試してみましょう。 最近バイナリーオプションで負けてばかりの方は、試す価値がありますからね! ミラートレードのまとめ 「バイナリーオプションで最近勝てない、そこでバイナリーオプションでミラートレードはあるの?」 そんな時はブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」サービスでバイナリーオプションのミラートレードを試してみましょう。 正確に言うと、ブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」サービスはバイナリーオプションのミラートレードのようなサービスで、プロのトレーダーがその投資対象物の「売りか買いかというエントリー方法」と「その理由、根拠」がシグナル配信として公開されます。 トレーダー(あなた)は、そのシグナル配信に従いトレードすることでプロのトレーダーと一緒の行動でバイナリーオプショントレードに参加することができます。 多くのバイナリーオプション取引所では、このミラートレードのようなトレードは、集団取引として禁止されていて、行うことができないので、ブビンガバイナリーの「トレーディングルーム」は試す価値のあるサービスとなっています。 バイナリーオプションでトレード方法に迷っている方は、今すぐ参加するために、 ブビンガバイナリーへログイン! トレードで成功して多くの成功報酬を受け取って、あなたの欲しいモノを手に入れていきましょう! 人気の検索語ブビンガ インジケーターfxで使うスキャルピングアフィリエイトワールドアジア バンコクローソク足の設定方法バイナリーオプション ギャンブルブビンガのプロモーション規則 トレーダーズカップ 2023
RSIを徹底解説!他のテクニカル分析と併用して多くの成功を!
今すぐあなたのトレードにテクニカル分析を取り入れて、安定的なトレードでの成功を手に入れましょう!バイナリーオプションで安定的に勝つためには、運や勘に頼るだけでなく、テクニカル指標を活用することが重要です。テクニカル指標とは、過去の価格データからトレンドの方向や強さを判断するための指標です。そこでトレーダーによく利用されているRSI(アールエスアイ)をこの記事で解説していきます。RSIは、トレンドの強さや勢いを測定するテクニカル指標のひとつです。比較的シンプルな指標なので、初心者でも使いやすいのが特徴です。このブビンガバイナリーのブログでは、RSIの基本的な使い方から、バイナリーオプションでの攻略法まで、初心者にも分かりやすく解説しますので、最後までご覧ください。 目次: RSIとは? RSIの長所と短所 RSIの使い方を解説! バイナリーオプションでのRSIの攻略法 RSIのまとめ よくある質問 RSIとは? RSI(相対力指数)は、トレーダーなら誰でも知っている指標で、J. ワイルダーによって1970年代に開発されました。バイナリーオプション、FXトレードの他にも株や商品市場などで使われるテクニカル分析指標の一つです。この指標は、投資対象物が「買われ過ぎ」なのか「売られ過ぎ」なのかを判断するのに役立ちます。RSIはとてもシンプル、0から100までの数字で表示され、この数字によって市場の動きを理解することができます。 投資対象物が「買われ過ぎ」なのか「売られ過ぎ」なのかによって、投資対象物が「売り時」か「買い時」かを判断します。 RSIの計算式 RSIの計算には、通常14日間の市場データが使用されます。まず、この14日間で、価格が上がった日と下がった日を別々に調べます。次に、それぞれの日の価格の変動を平均します。この二つの平均値を使って、計算式に当てはめることでRSIが求められます。 RSIの計算式 RS=(n日間の終値の上昇幅の平均)÷(n日間の終値の下落幅の平均) RSI= 100 - (100 ÷ (RS+1)) (1_1)期間(n値)の選択 N値には一般的14日間が使われます。 (1_2)価格の変動を調べる 選んだ期間内の各日における価格の変動(上昇した日と下降した日)を調べます。 (1_3)平均利益と平均損失を計算する 平均利益:期間内の上昇した日の価格変動を全部合計して、日数で割ります。 平均損失:期間内の下降した日の価格変動を全部合計して、日数で割ります。 (1_4)相対力(RS)を計算する 平均利益を平均損失で割ります。 (2)RSIを計算する RSIは上記にも記載した式で計算されます。 RSI= 100 - (100 ÷ (RS+1)) この式は、RSIの値が常に0から100の間になるように構成されています。 【RSIの計算例】 N値には一般的な14日間の例で、 rsi 計算式を利用してrsiの数値を出していきましょう。 日付 終値 1日 100 2日 110 3日 120 4日 130 5日 140 6日 130 7日 120 8日 110 9日 100 10日 90 11日 80 12日 70 13日 60 14日 50 まず、14日間の平均増加率と平均減少率を求めます。 平均増加率 = (100 + 110 + 120 + 130 + 140 + 130 + 120 + 110 + 100 + 90 + 80 + 70 + 60) / 13 = 100 平均減少率 = (110 + 120 + 130 + 140 + 130 +...

バイナリーオプションの戦略・ブビンガバイナリー公式ブログ

この記事ではバイナリーオプションによく使える戦略についてお話ししましょう。その種類、具体知識もありますので、よく勉強しましょう。

目次

  1. ストラテジーへの道しるべ
  2. バイナリーオプション 戦略の種類について
    テクニカル分析
    ファンダメンタルズ分析
  3. 優れたトレーディング戦略の利点
  4. 初心者のためのバイナリー オプション 戦略
  5. バイナリートレードを向上させるための専門的なヒント
  6. おわりに

バイナリーオプションの戦略の道しるべ

バイナリーオプションとは、「デジタルオプション」や「オールオアナッシングオプション」と呼ばれることもある、オプション取引を元にした金融商品の一種です。

バイナリーオプションも、外国為替証拠金取引(FX)の「ハイロ―取引」のように為替相場や暴落を予測する取引ですが、この2つには明確な違いがあります。

一般的な株式やFXのハイロー取引は、為替相場などが上がるか下がるかを予測し、その後の値動きにより利益か損失が決まります。

また、購入時と売却時の差によって損益金額が変動する仕組みです。

バイナリーオプションの場合も相場や指数が上がるか下がるか、一定範囲に入るかを選び予測する取引です。

この様な理由から、「バイナリ(二進数)」「デジタル(0か1)」と呼ばれています。

バイナリーオプション取引は、1回ごとに募集があり、購入時にオプション料を支払うことで取引に参加することが可能です。

締め切り後は、一定の取引時間が経過した時点で予測が当たった場合は払い戻しが受け取れます。

そのため、実際の利益は参加する際に支払ったオプション料金と払い戻し金額の差額です。

予測が外れた場合は利益が得られず、支払ったオプション料金が損失になります。

つまり、オプション料以上の利益が受け取れる場合は、1回ごとの取引でマイナスになることはなく、多くの業者は低価格のオプション料とすることで初心者の方でもバイナリーオプションが始めやすいようなシステムにしています。

このように聞くと、シンプルで誰でも取り組めそうな取引に思えますが、予測を的中させるための理論は非常に複雑であり、素人が理解するには難易度が高めです。

そもそも株式取引なども同じですが、一定期間の相場を予測することは、例え専門家であっても難しくなります。

また低価格なオプション料金のため、欲が出てしまい運や勘に頼った取引をする、短期間で利益が得られるため、損失があった際に取り返そうと取引を繰り返すなど、ギャンブルと同じような部分もあるため、短期間で損失額が大きくなってしまう可能性もあります。

バイナリーオプション取引で稼ぐためには、しっかりとした取引戦略を学び、策定し、実行することが大切です。

バイナリーオプション取引で勝つための攻略法は、インターネット上に多く存在しています。

バイナリーオプションで利益を得る確率を少しでも上げるためにも、攻略法を勉強し戦略を策定してから取引に挑むようにしましょう。

攻略法については、こちらのブビンガバイナリーを通じての勉強が初心者にも分かりやすく最適です。

バイナリーオプション 戦略の種類について

バイナリーオプション 戦略の種類

バイナリーオプションにおける戦略には、大きく分けて以下2つの戦略があります。

テクニカル分析

バイナリーオプションのテクニカル分析とは、取引チャートとインジケーターを活用し、過去の相場推移を参考に未来の相場推移を予想する分析方法です。

相場を操作しているのは人間のため、相場の値動きには特徴があり、 過去の値動きパターンを繰り返す可能性が高くなります。

テクニカル分析では、ツールを利用することで過去におきた値動きの特徴を「見える化」し、これからの値動きを予想します。

テクニカル分析のメリット

バイナリーオプションでテクニカル分析を利用するメリットには、以下3つがあります。

  • 機関投資家との情報格差が少ない
    株式取引などでは、情報量が豊富な機関投資家がいち早く情報をキャッチでき動けるため有利と言われていますが、バイナリーオプションのようなテクニカル分析を利用した投資戦略では、これまでの相場の統計を元に上がるか下がるかといった判断がされるため、情報格差に左右されないメリットがあります。
  • 経済に影響されることなく判断できる
    テクニカル分析は過去の値動きを元に分析が行われ、経済指標なども含まれています。
    そのため、経済指標に影響されることなく判断可能です。
    過去の値動きを元にしているということは、過去に経済指標の発表があった際の値動きも含まれています。
    つまり、経済指標の発表結果を加味した上で分析された結果になるため、経済による影響は受けにくいということです。
  • 分析することで勝率が上げられる
    バイナリーオプションに限った話ではありませんが株やFXも含め、投資では「どれだけ損失を防げるか」が大切なポイントです。
    ただ闇雲に取引せず、テクニカル分析により細かな部分まで分析することで、勝つ確立を上げられます。
    このように、テクニカル分析することで過去の傾向を最大限に活かし勝率をアップさせることが可能です。

テクニカル分析のデメリット

テクニカル分析にはメリットがある一方で、デメリットも存在します。

テクニカル分析のデメリットは、以下4つです。

  • 常に勝てるわけではない
    これはバイナリーオプションだけでなく、株式取引やFXにも言えることですが投資に「絶対」は存在しません。
    非常に重要なことですので必ず覚えておくようにしましょう。
    そして、チャート分析を中心に行う市場参加者は短期売買がメインのため、ゼロサムゲームと呼ばれる参加者の全員の損益総額が0の色彩が濃い取引です。
    そのため、テクニカル分析結果に従えば、必ず勝てるということはありませんので理解しておきましょう。
  • 常に正しいわけではない
    テクニカル分析の結果が、常に正しいということはありません。
    チャートにはチャート分析上では売買サインが出たものの、実際は元のレンジ水準に戻ってしまい売買サインが取り消される「だまし」という現象が頻繁におきます。
    このチャートポイントは分かりやすいため、逆に利用する投資家もいるようです。
  • 分析方法により結果が異なる
    エリオットウェーブ(一定のサイクルを描きながら繰り返す相場パターン)のようなチャート分析をする場合、分析者によって結果が異なることがあります。
    理由は、テクニカル分析に明確な公式はなく、分析する人により方法が変わるためです。
    そのため、1つの分析結果をそのまま信じ込み従うことは危険です。
  • 柔軟性が低い
    テクニカル分析は、これまでのデータを基に将来を予想する分析方法であり、過去に発生したトラブルを考慮し判断することは不可能です。
    たとえば、企業が不祥事を起こし株価が暴落するなど、突然の問題発生時に対応できません。
    そのため、現在の情報を基に判断する投資家に比べ動き出しの柔軟性は低くなってしまいます。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは「経済の基礎的条件」を意味しており、各国のGDPや失業率、雇用者数、物価指数、経常収支、貿易収支などの経済的な要因を基にし、今後の相場動向を分析する方法です。

たとえば、「アメリカの経済成長率が順調なため、ドル高傾向が今後も続くだろう」「日本の低金利政策が続くため、今後さらに円安になるだろう」というように、ニュースや経済指標などを基に、短期・中期・長期の動向を予測します。

先ほど解説した、過去の傾向から今後の相場変動を予測する「テクニカル分析」と異なり、現在の経済的要因を考慮し今後の動向を判断する点が「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」の違いです。

特に短期〜中期で取引している方は、最新の経済状況により相場が変動するため、常に最新のニュースや主要な経済指標に目を配っておく必要があります。

また、最新のニュースや主要な経済指標に限らず、大統領などの発言によって相場が大きく左右される場合もあります。

その他にも、テロや有事など地政学リスクにより相場が急に変動することもあるため、保有している通貨情報に限らず、その他の国の経済事情など世界的な視野で情報を集めることが大切です。

ファンダメンタルズ分析のメリット

バイナリーオプションでファンダメンタルズ分析を利用するメリットには、以下3つがあります。

  • リスクが避けられる
    ファンダメンタルズ分析をすることで、リスクを軽減させることが可能です。
    例えば、ある国を分析し重要な経済指標の発表が近いうちに行われることを知っていれば「相場の変動が指標発表でどのように動くか予測がつかないため、とりあえず今のポジションを決済しよう」と判断できます。
  • 他にも、ある国の経済が不況と判明した場合、「その国の通貨をトレードするのは価値が下落してしまうリスクが考えられるからやめておこう」と判断することが可能です。
    このような判断は、過去の傾向から判断するテクニカル分析のみでは不可能になります。
    バイナリーオプションでは根拠のある予測ができない場合は、「トレードをしない」という選択が最も簡単にできるリスク回避の方法です。
    ファンダメンタルズ分析した結果、価格変動の予測が難しい情報が見つかった場合は、リスクを回避するためにポジションを持たない選択もできます。
    このようにファンダメンタルズ分析をすることで、トレードにおける選択肢を増やすことができ、結果的にリスク回避に繋げることが可能です。
  • 経済指標の発表に向け準備が可能
    重要な経済指標は為替レートを変動させる大きな要因ですが、ファンダメンタルズ分析ができれば重要な経済指標の発表がある際に、そこに向けて準備することが可能です。
    例えば、今日の夜に重要な経済指標が発表される場合、経済指標の発表があることさえ把握できていなければ、価格が急に動いた原因が分からず、焦って対応するなど後手に回ってしまいます。
    ですが、重要な経済指標の発表があることを事前に把握できていれば、発表前に一度ポジションを決済しリスクを回避することもできます。
    つまり、ファンダメンタルズ分析をすることにより、事前にある程度の準備ができるわけです。
    基本的に重要な経済指標の発表は時間が決められているため、多くのトレーダー達が発表に注目しています。
    価格変動に大きく影響を及ぼす重要な経済指標の発表に対し、事前に準備し対策を練れることは非常に大きなメリットです。
  • ある程度の中長期的な展望が見える
    ファンダメンタルズ分析では、経済状況を分析します。
    今後の価格動向に影響しそうな情報を把握できるため、ファンダメンタルズ分析は少し先の未来を予測することが可能です。
    つまり、「利上げがあったからしばらくドル安が続きそう」や「今の経済状況を考慮すると、しばらくは円高が続きそう」、「イギリスのユーロ離脱により、ユーロ安が続く可能性がある」など、今後の価格動向のイメージができます。
  • 直近で起こりそうな価格変動ではなく、少し先の価格動向を予測しやすいため、バイナリーオプションの取引では中長期的な動きを読む分析として利用されることが多いです。
    しかし、ここで気をつけたいのがファンダメンタルズはどの時点で相場に織り込み済みになっているのか判断する難易度が高いことです。
    上記の例でいえば、イギリスのユーロ離脱が発表されたタイミングでは、すでにユーロ安になっている場合があります。
    また、ファンダメンタルズ分析を行う上で、「〜のため、この後は必ず円高になる」といった断定的な思考は相場においてマイナスです。
    す. 少し先の値動きがなんとなく予測できる程度であり、絶対的な判断は不可能ということを理解しておきましょう。
    このように、ファンダメンタルズ分析をすることで中長期的に勝率をアップさせることが可能です。

ファンダメンタルズ分析のデメリット

ファンダメンタルズ分析にはメリットがある一方で、デメリットも存在します。

ファンダメンタルズ分析のデメリットは、以下4つです。

  • 機関投資家との間に情報格差がある
    機関投資家とは、生命保険会社や損害保険会社、信託銀行、普通銀行、信用金庫、年金基金、共済組合、農協、政府系金融機関など、多くの資金を使用し投資活動を行う大口投資家のことです。
    機関投資家では、専門知識を持った人々がチームを組んでいることが多くあるため、素早く情報を集めたり、判断したりできます。
    そのため、個人で投資を行っている方に情報が渡る時には、機関投資家での投資活動結果が影響された後の価格です。
    情報を集めることが大切なファンダメンタルズ分析においては、個人投資家よりも機関投資家の方が有利に進められます。
  • 分析に知識が必要
    ファンダメンタルズ分析は、チャート分析のみでできるテクニカル分析と比べ、経済状況を分析するための専門知識を備えておく必要があります。
    経済指標や金融政策といった価格に影響を及ぼす情報を集め、今後の価格動向を予測するには、その情報から何故そのように価格が動くのか判断するための経済知識が必須です。
  • 分析に時間がかかる
    ファンダメンタルズ分析をするためには、少しでも多くの情報を収集し分析することが大切です。
    経済指標や金融政策など、複数の情報を分析し価格への影響を判断しなければなりません。
    そのため、チャートを使って素早く判断できるテクニカル分析に比べ時間が必要になります。
    また、ファンダメンタルズ分析において、金利やGDPなどの経済指標、国際会議、各国要人発言など、複数判断材料がある際は、どの情報がどの程度影響するのか、どの情報の影響力が強いのか、情報に優劣が付けづらく判断が非常に難しくなる事もあります。
  • 短期取引では向いていない
    非常に重要な経済指標の発表や、影響力が極めて大きい大統領クラスの要人発言など、短期間で相場が動くケースはそれほど多くありません。
    基本的にファンダメンタルズ分析は数ヶ月〜数年単位の長期的目線で相場の値動きを予測していく分析手法のため、最短30秒で勝敗が決まるようなバイナリーオプションには向いていません。
    そのため、バイナリーオプションでファンダメンタルズ分析をする際は、あくまでリスク回避の手段として利用することがおすすめです。
    また、ファンダメンタルズ分析により世界の経済動向を把握し、テクニカル分析で過去の傾向から勝てる確率が高い時に取引する方法も効果的です。

ここまでの解説で分かるように、バイナリーオプションでメインになるのは「テクニカル分析」です。

バイナリーオプションの取引で15分以内の値動きを予測するためには経済の動きを長期目線で見るよりも、過去の相場から短期的な目線で値動きを予測した方が勝率が高くなります。

戦略の種類

バイナリーオプションで勝つためには、勝つための戦略を理解しておくことが重要です。

初心者におすすめのトレード戦略には、以下3つがあります。

トレンド相場の順張りで取引する

バイナリーオプションはスプレッドがあるため、大きな値動きが必要になります。

スプレッドとは、「買値(ASK)」と「売値(BID)」の価格差のことです。

大きな値動きを狙うとなると、ポイントはトレンド相場になります。

30秒に最も近い1分足や、その他業者のより短い時間足を利用した分析を意識します。

そのためには、確定足で直近高値・安値が更新されたらエントリーをするのがポイントです。

デモプレイというお試しで取引することもできますので、まずは練習で試してみると良いでしょう。

スプレッドのあり・なしを上手く使う

利用するバイナリーオプション業者によっては、スプレッドの有無を選ぶことが可能です。

バイナリーオプション取引で最も人気がある「ハイローオーストラリア」では、スプレッドなしがTurbo取引、スプレッドありがTurboスプレッド取引になります。

選ぶ際は、その時点でのボラティリティで判断するのがおすすめです。

ボラティリティとは、為替変動した幅のことであり、ボラティリティが大きい場合は「Turboスプレッド」、ボラティリティが小さい場合は「Turbo」といったように、今の相場状況が大きな利益を求められるのかをチャートを利用し判断します。

また、スプレッド取引の場合はペイアウト率が非常に高くなるメリットがありますが、その反面、勝てる確率は不安定になってしまうため注意しましょう。

インジケーターは組み合わせてダマシを回避する

バイナリーオプション取引の初心者に限らず、30秒取引ではダマシをどのように回避するかがポイントです。

ダマシとは、自分が利用している手法でエントリーできるはずのタイミングなのにも関わらず、予想と真逆の値動きをすることです。

ダマシは移動平均線のみ・ボリンジャーバンドのみなど、単品でインジケーターを使用している際に多い傾向があります。

そのため、ダマシを回避するためにインゲーターを複数組み合わせて分析します。

30秒取引で使われているインジケーターの代表的な組み合わせは【移動平均線+RSI】です。

優れたトレーディング戦略の利点

バイナリーオプションの攻略法は、優れたトレーディング戦略で取引することです。

バイナリーオプションで勝つコツを理解し、優れたトレーディング戦略を取り入れることで、継続的に勝つことができます。

バイナリーオプションでは、運や勘で勝ち利益を上げることよりも、自分に適したトレーディング戦略を見つけ取引することが重要です。

また、トレーディング戦略を持つことは、取引を行う上で基準を持てることにも繋がります。

どのような動きをした時には、どのように取引するかといったことを冷静に判断できるのも優れたトレーディング戦略の利点でしょう。

初心者のためのバイナリー オプション 戦略

初心者向けのバイナリー オプション 戦略

初心者がバイナリーオプションで勝つコツを解説する前に、初心者が取引でやってはいけないことについて解説します。

このやってはいけない取引方法を避けるだけで、負ける確率を下げることができ、結果的に利益額を大きくすることが可能です。

そのため、これから解説する取引方法は絶対に行わないようにしましょう。

初心者がやってはいけない取引方法

初心者がやってはいけない取引方法には、以下2つがあります。

勘で取引する

1つ目のやってはいけない取引方法は「勘で取引すること」です。

バイナリーオプションで勝率を上げるために大切なことは、運や勘に任せずに相場が上がるか下がるかについて、なぜそのように動くか理屈理論に基づいて予想することです。

よっぽど運が強い人や勘が良い人であれば高い勝率を出すことも可能かも知れませんが、ほとんどの人の場合は運や勘で勝ち続けることはできません。

そのため、しっかりと分析し根拠を持った予測をすることが大切です。

また、バイナリーオプションは上がるか下がるかの2択を当てるシンプルな取引ですが、テキトーに取引していては、継続して勝つことはできません。

継続して勝ち続けるためにも、取引する際には、「過去に〇〇円で反発し上昇しているから、今回も上昇する可能性がありそうだ」「海外の投資家が取引を始める時間帯だから大きな値動きがありそうだ」といった根拠を持つようにしましょう。

このように解説すると、「初心者で詳しくもないのに自分の根拠に自信を持てない」と思われる方も多いかと思います。

そのような方は、まずは時間帯の特徴を知ることがおすすめです。
そこからチャート上で強いサインを見つけたり、相場を分析したりして根拠を持つようにしましょう。

焦って取引する

2つ目のやってはいけない取引方法は「勘で取引すること」です。

取引で予想が外れてしまったとしても、すぐに取り返そうと焦って取引をしないようにしましょう。

バイナリーオプションに限った話ではありませんが、予想が外れ損失が出てしまうと怒りや不安を感じ、取引を冷静に行える状態でなく、正確な判断ができません。

そのような精神状態で取引を繰り返すと、さらに損失が増えてしまうなど悪循環です。

そうならないためにも一度取引画面から離れて、気分転換し冷静な判断ができる精神状態になるまで取引は控えるようにしましょう。

バイナリーオプションでは、取引を行わないのも有効な戦略の一つです。

予想が難しいと感じた場合や、自信がない場合は取引しないのも立派な戦略です。

初心者がバイナリーオプションで勝つコツ

バイナリーオプションで継続して勝つためには、一度の取引結果だけで判断せず、これまでの取引結果を含む全体の結果を見ることが、結果的に勝率アップに繋がります。

継続して勝つためにも、相場をしっかりと分析し勝率の高いタイミングで取引を行う事が大切です。

始めから正確に分析し的中できる人はいないため、徐々にスキルアップし勝率を向上させていきましょう。

また、勝つためのコツを理解することで勝率を上げることも可能です。

初心者がバイナリーオプションで勝つためのコツには、以下4つがあります。

未来予想ツールを取り入れる

3つ目のコツは、「未来予想ツールを取り入れる」ことです。

未来予想ツールとは、直近の値動きを分析し、これまでに似たような値動きが無いか調べられるツールです。

人が分析できない量のチャートを一瞬で比べられるため、分析作業にかかる手間を圧倒的に削減できます。

すべて未来予想ツールに頼らず自分の分析結果と組み合わせて利用することで、判断するサポートとして活用できます。

トレード記録を毎日つける

4つ目のコツは、「トレード記録を毎日つける」ことです。

バイナリーオプション初心者は、トレードを行う度に記録をつけるのがオススメです。

トレードの記録をつけることで、どの取引でどのくらい勝てたのか、これまでにどれくらい損失や利益があったのかなど資金管理を徹底することができ、ミスした相場で今後取引しないように注意することができます。
また、記録を見返せば自分がどんな時に負けやすいのかといった性格的な問題点や勝率、勝てる方法、予算、取引した通貨ペアなど、これまでの取引結果の分析や反省をすることが可能です。

そのため、メモ程度の記録でもいいのでトレード毎に記録をつけ、今後のトレードに活かして勝率アップを目指すようにしましょう。

海外業者は利用しない

5つ目のコツは、「海外業者は利用しない」ことです。

バイナリーオプションは、国内業者だけでなく海外業者も多く存在しています。
海外業者のバイナリーオプションは、日本のものと違い利益が1,000円で確定していません。

1.6〜2倍の払い戻しになるなど、目先の利益だけを見ると非常に魅力的ですが、海外業者では、出金できないといったトラブルが多発しており、高配当と同じくらいの確率でトラブルによる損失が大きくなる可能性があります。

よくある例として、海外業者で出金するため本人確認書類やその他書類の送付が求められ、手続きが遅れてしまった際に、出金申請自体の進行が遅れてしまいキャンセルされることが多々あるようです。

国内業者と海外業者は、取引の判定時刻で見極める方法がおすすめです。

日本国内の業者の場合は、一律2時間という決まりがありますが、海外の業者の場合、30秒や1分などの短いスパンでも取引できます。

また、海外業者は日本の金融庁に登録されていないため、万が一のトラブルを避けるためにも海外業者は利用しないようにしましょう。

自動取引ソフトは利用しない

6つ目のコツは、「自動取引ソフトは利用しない」ことです。

バイナリーオプションには自動売買ツールという機械が勝手に分析し取引してくれるツールが販売されていますが、自動売買ツールは利用しないようにしましょう。

自動売買ツールを使用していることがバレてしまった場合、強制的に取引口座が凍結されてしまう可能性があります。

また、誰が作ったかわからない自動ソフトでは、適当に作られていたり、実際に取引を行わず取引したように見せかけてお金を奪われたりといった詐欺に遭う可能性もあります。

このように、自動売買ツールでは、例え勝てるツールを買ったとしてもトレーダーにメリットはないのです。

目先の利益ばかり見てしまい、このようなトラブルに巻き込まれてしまう初心者は多いです。

地道にリスクを抑えながら稼げるのがバイナリーオプションのメリットでもあるため、自分からリスクを取らないようにしましょう

バイナリートレードを向上させるための専門的なヒント

バイナリーオプション政略の専門的なヒント

バイナリーオプションの初心者は、バイナリーオプションの勝ち方を理解していないため、取引を開始してすぐに資金が無くなってしまい諦めてしまう方が大半です。

金融先物取引業協会の調査結果によると、バイナリーオプションで利益を得られている人の割合は全体の3割程度しかいなく、残りの7割は負けが続いて資金が無くなってしまっていることが判明しています。

この7割に該当するほとんどの人が、バイナリーオプションをギャンブルだと思っており、勘で2択を当てる取引をしています。

つまり、バイナリーオプションで勝てていない7割の人は勝ち方を知らないということです。

そのため初心者がバイナリーオプションで勝つためには、勝ち方を理解することが必要になります。

バイナリーオプションの勝ち方には、以下3つがあります。

投資期待値を高める

バイナリーオプションの勝ち方では、いくら投資すればいくら戻ってくるかの期待値である「投資期待値」を高めることが大切です。

バイナリーオプションの投資期待値は、ペイアウト倍率のため、できるだけペイアウト倍率が高い取引を行うことで、期待値を上げることができます。

バイナリーオプションは相対取引と呼ばれることもあり、ペイアウト倍率は各業者が設定しているため、ペイアウト倍率が高く設定されている業者で取引を行うことで投資期待値を高めることが可能です。

福利運用を意識する

バイナリーオプションや株式、FXでは資金を増やすうえで「複利運用」の考えが非常に重要です。

例えば、10万円の資金でスタートし、月利10%をバイナリーオプションで毎月増やせる場合、複利を考えずに計算すると、単純に10万円に対して10%の、毎月1万円を増やせます。

しかし、ここで複利を考えて計算すると資金の増え方は、以下のようになります。

  • 1ヵ月目:10万円で月利10% 利益+10000円
  • 2ヵ月目:11万円で月利10% 利益+11000円
  • 3ヵ月目:12万1000円で月利10% 利益+12100円
  • 4ヵ月目:13万3100円で月利10% 利益+13310円
  • 5ヵ月目:14万6410円で月利10% 利益+14641円
  • 6ヵ月目:16万1051円で月利10% 利益+16105円

上記のように複利で考えると、10万円の資金に対して毎月月利10%が安定して増やせた場合、初月10,000円の利益だったのが、6ヵ月後には16,000円の利益まで増やすことが可能です。

繰り返しになりますが、資産運用では複利の活用が重要なポイントになります。

期間が長くなればなるほど、複利運用による効果は増えていくため、目先の利益ばかり気にするのではなく、長期的な目線で資産運用を意識することが、バイナリーオプションでの勝ち方のひとつです。

自分が得意とする戦略を発見する

1つ目のコツは、「自分が得意とする戦略を発見する」ことです。

バイナリーオプションで勝率を上げるためには、自分が得意な戦略はどんな戦略なのか発見する必要があります。

理由は取引経験が少ない内から、さまざまな戦略で取引してしまうと、どの戦略が良かったのか分からなくなってしまったり、勝率が安定しなかったりするためです。

勝ち続けるためには、勝率を安定させる必要があるため、経験の少ない初心者の場合は1つの戦略を極めるほうが効率的です。

また、いきなり難しい戦略に挑戦せず、時間帯を決めてその時間で値動きがどうだったか特徴に合わせて取引するなど、初めはシンプルで分かりやすい戦略を選ぶようにしましょう。

テクニカル分析を行う

2つ目のコツは、「テクニカル分析を行う」ことです。

相場の動きを予想する上では、過去の傾向から値動きの特徴をつかみ予想するテクニカル分析が必要になります。

理由は、テクニカル分析で値動きのトレンドを掴めれば、闇雲に2択を予想するよりも、予想が的中する確率を高められるからです。

過去に発生したトレンドは継続する確率が高いため、初心者はトレンド波に従う順張りでの取引がオススメです。

テクニカル分析はツールを利用すれば初心者の方でも簡単にできるため、相場のトレンドを見極め勝率を高めましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

バイナリーオプションでの攻略法や勝ち方について理解していただけましたでしょうか?

記事内でも解説したように、バイナリーオプションは運や勘だけでは勝ち続けることは難しく、長期的に利益を多くするためには勝ち方を理解し、しっかりとトレーディング戦略を取る必要があります。

また、もしいきなり資金をかけて取引するのが不安な方は、デモプレイで試してみると、取引のイメージが付きやすくなるためおすすめです。

バイナリーオプション取引を行う上で、当記事がみなさんの勝率アップに繋がりますと幸いです。

ブビンガバイナリーでトレードを始めましょう!初心者向けの未金ボーナスをチェックしてください。

Bubingaの入金不要ボーナスについて

人気の検索語