MACDとは?その使い方、設定方法、計算式を解説

MACD完全ガイド: 相場分析の最強ツールを徹底攻略!

「今すぐMACDでマーケット、市場の小さな波を捉え、大きな利益を手に入れましょう!」これを実現させる可能性があるのがテクニカル分析であるMACDの魅力で、この記事では、MACDの仕組みを理解し、実際のトレードでどのように活かすかを基礎から応用まで詳しく解説していきます。MACDと相性の良い他のテクニカル分析ツールも紹介していくので、本当に勝ちたければこの記事を最後まで読み進めていきましょう。MACDはテクニカル分析の中でも、基本中の基本、このブビンガバイナリーでも使える分析ツールを習得して、バイナリーオプションで大きな成功を手に入れましょう!

MACDとは?

テクニカル分析でよく聞くMACD、読み方はマックディーと言われていて、この指標、インジケーターは、為替レートや株価などの価格変動を分析し、バイナリーオプションでも利用され、投資対象物の価格の将来の動きを予測するのに役立ちます。MACDを使うことで、過去の価格データを基に、価格が上昇するのか、下降するのか、あるいはあまり変わらないのかの予想が予測できるので、とても便利な相場予測ツールとなっています。

MACDの見方

macd とは主に3つの部分から成り立っています。

MACD ブビンガバイナリー

MACDライン(MACD線)

これは投資対象物の価格の短期間の動きと長期間の動きの差を表します。簡単に言うと、最近のマーケット、市場の動きが、もう少し長い期間での動きと比べてどうなのかを見る線です。上記MACDではピンクのラインがMACDライン(MACD線)です。

シグナルライン(シグナル線)

MACDラインをもう少し滑らかにしたものです。この線がMACDラインとどう交わるかを見ることで、マーケット、市場の動きが変わるサインを捉えることができます。上記MACDでは黄色のラインがMACDライン(MACD線)です。

【MACDライン(MACD線)とシグナルライン(シグナル線)の見方】

ゴールデンクロス

MACDラインがシグナルラインを下から上に抜ける時、これを「ゴールデンクロス」と言います。市場が強くなり、価格が上がると判断するサインです。

デッドクロス

逆に、MACDラインがシグナルラインを上から下に抜ける時は「デッドクロス」と呼ばれます。市場が弱くなり、価格が下がると判断するサインです。

棒グラフ(ヒストグラム)

ヒストグラムと呼ばれ、MACDラインとシグナルラインの差を棒グラフで表したものです。これがどのように変化するかで、マーケット、市場の勢いを感じ取ることができます。

棒グラフ(ヒストグラム)の拡大、縮小、その他に、MACDにはゼロラインがあり、そのゼロラインの上下からの売り買いのサイン、さらにダイバージェンスというマーケットと反対の方向へ向かうMACDからサインを読みとり、売り買いを判断するダイバージェンス現象からサインを受け取ることができます。

このように基本的にMACDの見方としては4つあります。

  • MACDライン(MACD線)とシグナルライン(シグナル線)のクロス
  • 棒グラフ(ヒストグラム)の拡大、縮小
  • ゼロラインの上下
  • ダイバージェンス(マーケットと反対の方向へ向かうMACDからのサイン)

これらは後ほどもっと詳しく解説していきます!

MACDの計算式

MACDは短期間と長期間の平均価格の差を見ることで、価格の動きがどうなっているかをチェックするツールです。ここでは、MACDの計算式を見ていきましょう。

MACDの計算式

  • MACD線=短期移動平均線 - 長期移動平均線
  • シグナル線=MACDの9日移動平均線

ここに登場する移動平均線とは、投資対象物の価格の平均値を一定期間にわたって計算した数値です。

MACDでは、通常、12日間の移動平均線と26日間の移動平均線を使います。これは、過去12日間と26日間の価格を平均化したものです。短期間の平均価格と長期間の平均価格の差を見ることになります。この差が大きければ大きいほど、価格の動きに勢いがあると言えます。

シグナルライン(シグナル線)とは?

MACDには、MACD線とシグナルライン線があります。シグナルライン線はMACDラインをさらに滑らかにしたものです。このために、MACD線の9日間の移動平均線を使います。これがシグナルラインで、MACD線よりも滑らかな動きをします。

シグナルライン線は、MACD線の最近9日間の指数移動平均線です。これがシグナルラインとなり、MACD線と比較して、トレンドの変化を見つけるのに役立ちます。

【MACDの計算の計算例】

MACDで利用されている移動平均線は、正確に言うと指数平滑移動平均で、これは略してEMAと言われています。

(1)macd 計算式

・MACD線=短期EMA(12日間) - 長期EMA(26日間)

でしたね。

まずは短期EMA(12日間)を算出します。

そして次に長期EMA(26日間)を算出します。

それぞれのEMAの算出は、ここでは省略して、

例として、

短期EMA(12日間)=535.58円

長期EMA(26日間)=560.08円としましょう。

MACD線=535.58円-560.08円=-24.49

となります。

(2)シグナルラインの計算

次にシグナルラインの計算をしましょう。

シグナルラインは、MACDラインの9日EMAです。この計算には、複数日分のMACDラインの値が必要です。

今回は例として、

シグナルライン(MACDラインの9日EMA)は、-0.29とします。

MACDラインが-24.49、シグナルラインが約-0.29となっています。これは、MACDラインがシグナルラインよりも下にあるため、マーケット、市場が下降トレンドにあると判断します。

なお、これらの計算ですが、テクニカル分析ツールが全て自動で行ってくれるので、軽く理解するだけで大丈夫ですからね!

MACDの設定方法

ここではアカウント開設だけで無料で利用できるブビンガバイナリーのテクニカル分析ツールのMACDを使って、macd 設定方法を開設していきましょう。

(1)ブビンガバイナリーへログイン後、「棒グラフボタン」をクリックして、「新しい」セクションになっていることを確認し、そして「MACD」を選択します!

ブビンガバイナリーでMACDを設定する方法

(2)このように設定することで、一般的なMACDの設定値が完成します。

ファスト線の期間(短期EMA)「12」

スロー線の期間(長期EMA)「26」

シグナル期間「9」

線の太さや色はお好みです。

MACDの線の太さや色の設定

なお参考までに設定値例を記載しますので、参考にして設定値を微調整しましょう。

トレード期間ファスト線の期間(短期EMA)スロー線の期間(長期EMA)シグナル期間
短期トレード6199
中期トレード12269
長期トレード19399

(3)これでブビンガバイナリーでの一般的に利用できるMACDの設定は完了です!

ブビンガバイナリーでMACDの設定完了

ブビンガバイナリーでのMACDの設定は簡単ですからね!つまりブビンガバイナリーでは簡単にMACDを利用することができます。

MACDの使い方

ここではmacd 見方、使い方、macd シグナルの受け取り方を見ていきましょう!とても大切なことばかりですからね!

MACDの上昇クロスと下降クロスについて

(1)上昇クロス(ゴールデンクロス)

MACD線がシグナル線を下から上に抜けたとき、これは多くのトレーダーにとって「買い」のシグナルと判断します。

MACDの上昇クロス(ゴールデンクロス)

この現象は、短期的な価格の動きが長期的な動きを上回り始めたことを示していて、マーケット、市場の勢いが上向きに変わりつつあることを意味します。バイナリーオプショントレードでは、このシグナルを見て、価格が上昇すると予想して「買い」と判断します。

(2)下降クロス(デッドクロス)

逆に、MACD線がシグナル線を上から下に抜けたときは、「売り」のシグナルと判断します。

MACDの下降クロス(デッドクロス)

この時、短期的な価格の動きが長期的な動きを下回り始めることを示し、マーケット、市場の勢いが下向きに変わりつつあることを示しています。このシグナルを受けて、トレーダーは価格が下降すると予想して「売り」と判断します。これらのサインはmacd 使い方として最もポピュラーなサインです。

棒グラフの長さについて

MACDチャートには、棒グラフ(ヒストグラム)も表示され、これはMACD線とシグナル線の差を表しています。ヒストグラムの長さは、マーケット、市場の勢いやトレンドの強さを示す重要な指標です。

棒グラフ MACD

(1)強気のシグナル

グラフの棒が上に伸びている場合、マーケット、市場が強気の勢いを持っていることを示しています。棒が長くなるほど、そのトレンド(傾向)は強くなっていると言えます。

このような状況では、価格が上昇し続ける可能性が高いため、バイナリーオプショントレードで「買い」と判断します。

(2)弱気のシグナル

逆に、グラフの棒が下に伸びている場合、マーケット、市場が弱気の勢いを持っていることを示しています。棒の長さが増えるほど、その下降トレンドは強くなっていると見ることができます。この場合、価格が下降し続ける可能性が高いため、バイナリーオプショントレードで「売り」と判断します。

MACDのゼロラインの上下

テクニカル分析であるMACDには、0の中心線があります。

MACDのゼロライン

MACD線が0の中心線を越える動きも、大きなトレンドの変化を示すシグナルとして注目されます。

(1)上昇トレンドの始まり

MACD線が0のラインを下から上へと抜けるとき、これはマーケット、市場が強気の方向に転じている可能性があることを示します。この動きは、新しい上昇トレンドの始まりを意味することがあり、トレーダーはこのタイミングで価格が上がると予想して「買い」と判断します。

MACDのゼロライン トレンド

(2)下降トレンドの始まり

逆に、MACD線が0のラインを上から下へと抜けるときは、マーケット、市場が弱気の方向に転じている可能性があることを示します。このシグナルは、新しい下降トレンドの始まりを意味することがあり、トレーダーは価格が下がると予想して「売り」と判断します。

MACDのダイバージェンス

MACD ダイバージェンス は、価格チャートと MACD線の動きが逆方向になる現象です。

価格が新しい高値(最高価格)や安値(最低価格)を更新しているのに、MACD指標がそれについてこない時、この状況をダイバージェンスが起きていると言います。例えば、投資対象物の価格がどんどん上がって新しい「最高価格」を記録していても、MACD指標はそこまで上がっていない、つまり前の「最高価格」を超えていない場合、それは「弱気のダイバージェンス」と呼ばれ、価格が下がるかもしれない兆しと見なされます。

逆に、価格が下がって新しい「最低価格」を更新しているのに、MACD指標がそれほど下がっていない場合、これは「強気のダイバージェンス」と呼ばれ、価格が上昇するかもしれない兆しと見なされます。

MACD ダイバージェンスには、2 つの種類があります。

(1)弱気ダイバージェンス

価格チャートは上昇しているのに、MACD線は下降している場合

上昇トレンドが弱まり、下降トレンドに転換すると判断します。つまり「売り」です。

(2)強気ダイバージェンス

価格チャートは下降しているのに、MACD線は上昇している場合

下落トレンドが弱まり、上昇トレンドに転換すると判断します。つまり「買い」です。

macd ダイバージェンスを見つけるには、次のように行いましょう。

(1)価格チャートと MACD線を確認する

(2)価格チャートと MACD線の動きが逆方向になっているかどうかを確認する

(3)ダイバージェンスの種類を判断する

(4)トレンド転換(傾向転換)の可能性を検討する

MACDはそれぞれのサインが明確に売り買いのサインを出してくれますので、とても頼りになるテクニカルですよね!ただしトレード成功するには複数のテクニカルトレードと併用することで、トレードシグナルの精度が上がります。次に MACDと他のテクニカル分析との組み合わせを見ていきましょう。

MACDの組み合わせ

MACDはトレンド分析(傾向分析)に役立つ指標ですが、単独で使うよりも、他のテクニカル分析や手法と組み合わせることで、より精度の高い分析が可能になります。ここではMACDと一緒に利用すると相性の良い他のテクニカル分析や手法を見ていきましょう!

ボリンジャーバンドとMACD

ボリンジャーバンドは、価格の変動幅を表す指標で、投資対象物の価格の動きがどのくらいの範囲内で行われるかを視覚的に示してくれるツールです。これを使うと、価格が通常どれほど変動するのか、そして現在の価格がその通常範囲からどれほど離れているのかが分かります。

中央には平均価格を示す線があり、その周りには価格が普段動くことが多い「安全な範囲」を示す2本の線があります。上の線はその範囲の上限、下の線は下限を示しています。価格がこのガードレールの外に出ると、何か特別なことが起きているサインと考えることができます。

macd ボリンジャーバンド

MACDとの組み合わせ

ボリンジャーバンド macdの組み合わせとして、ボリンジャーバンドが価格の「普通の範囲」を教えてくれる一方で、MACDはその価格の動きが強いか弱いか、そして上がるか下がるかの傾向を示します。例えば、価格がボリンジャーバンドの上限に近づき、同時にMACDが強い上昇トレンドを示している場合、マーケット、市場が強気であるサインで、価格がさらに上昇する可能性があります。逆に、価格がバンドの下限に近づき、MACDが下降トレンドを示している場合は、価格がさらに下落するサインとなります。

RSIとMACD

RSIは、「買われすぎ」、「売られすぎ」を判断する指標です。RSIは0から100までで表示され、通常、70以上を「買われ過ぎ」、30以下を「売られ過ぎ」と判断します。これは、簡単に表現すると、投資対象物が人気で、みんなが買いたがっているか、それとも人気がなくて売りたがっているかを見る方法です。

macd rsi

MACDとの組み合わせ

macd rsi 組み合わせとして、RSIが「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」の領域にあるとき、MACDのサインを確認することで、その後の価格の動きについてより正確な予想ができます。例えば、RSIが「買われ過ぎ」領域にあり、MACDが下降トレンドを示している場合、価格が近いうちに下がる可能性が高いと予測できます。逆に、RSIが「売られ過ぎ」領域にあり、MACDが上昇トレンドを示している場合、価格が回復、上昇する可能性があります。このようにしてrsi macd 組み合わせを行うことで、トレードの精度が向上します!

スキャルピングとMACD

スキャルピングとは短時間で売買を繰り返すトレード手法です。とても短い時間枠で小さな価格変動から利益を得ようとするトレード戦略のため、トレーダーは、一日に何十回もトレードを行い、それぞれのトレードで小さな利益を積み重ねていきます。

MACDとの組み合わせ

スキャルピングは短時間で売買を繰り返すトレード手法でして、一般的なMACDの売買シグナルに頼って、トレードを行うと同時に、ここで説明したMACDとボリンジャーバンドやRSIと併用してトレードすることでスキャルピングの精度が上がります。macd スキャルピング組み合わせトレードを行う場合は、MACDのみに頼らず他のテクニカル分析を併用して、トレードを行いましょう。

他にもストキャスティクスや移動平均線とMACDを組み合わせて、トレードでよく利用されていますので、ボリンジャーバンドやRSIとは別の他のテクニカル分析を利用したいトレーダーは、ストキャスティクスや移動平均線など、他のテクニカル分析ツールもトレード判断に役立てていきましょう。

MACD利用の注意点

ここではMACDを使うときの注意点を見ていきましょう!これらを注意してMACDを利用することで、もっと精度を高くMACDを活用して、トレード判断することができますからね。

トレンドの確認は大切

MACDは、特にトレンド(傾向)がはっきりしているマーケット、市場で力を多く発揮しますよね!ここで言うトレンド(傾向)とは、価格が一定の方向に動き続けることです。例えば、長い間価格が上がり続ける場合、それは上昇トレンドです。逆に、価格が下がり続ける場合は下降トレンドです。しかしながら、レンジ相場と呼ばれている価格が上がったり下がったりして、一定の方向が見えない時は、MACDのサインが信頼できなくなることがあります。この理由から、MACDを使う前に、まずはマーケット、市場がはっきりとしたトレンドを持っているかどうかを確認することが大切です。

遅れてくるサイン

悪い意味でMACDは「遅行指標」とも呼ばれます。これは、MACDがマーケット、市場の動きを反映するのに少し時間がかかることを意味します。MACDのサインが出たときには、実際のマーケット、市場の動きはもう少し前に始まっているかもしれません。そのため、ポイントとしては、MACDのサインを使ってトレードをするときは、既に大きな動きの一部を逃している可能性もあることも理解しながらトレードを行いましょう。

偽のサインに注意

どんなに優秀なツールでも、時には間違ったサインを出すことがあります。MACDでも、マーケット、市場の小さな変動や一時的な動きによって「偽のサイン」が出ることがあります。このような時、マーケット、市場が本当にその方向に動くのか、それともただの一時的な変動なのかを見極めるのが難しくなります。その理由から、MACDのサインだけに頼らず、他のツールやニュース、マーケット、市場の全体的な状況も一緒に考慮してトレード判断することが大切です!

他のツールと組み合わせる

テクニカル分析は基本的に一つのツールだけに頼るのは、正確な判断を受けることは難しいです。MACDも同様です。MACDは単独で、色々と判断できますが、他のテクニカル分析も活用して、よりバランスの取れた判断を行なってトレードを成功させましょう。

まとめ

「テクニカル分析で絶対におさえておきたいMACDを活用して、あなたは既にトレードで多くの成功を手に入れていますか?」

圧倒的に多くのトレーダーが利用しているテクニカル分析、それがMACDです。そしてトMACDで成功させるためには、他のテクニカル分析、例えば、ボリンジャーバンドやRSI、ストキャスティクスや移動平均線を併用しましょう。

MACDと他のテクニカル分析を組み合わせることでかなり精度の高いトレードの実現が可能です。そしてまずは何よりもトレードには練習が必要ですよね!

そこでブビンガバイナリーのデモトレードを活用、

ブビンガバイナリーのデモトレードはこれらのすべてのテクニカル分析が無料で利用できて、10,000ドル分のトレードが可能となっています。

MACDと他のテクニカル分析を組み合わせてトレードするならブビンガバイナリーで!

今すぐブビンガバイナリーへログイン

バイナリーオプショントレードで多くの成功を手に入れて、あなたの欲しいものをたくさん手に入れましょう!

ブビンガバイナリーのでデモアカウント

よくある質問: MACD完全ガイド: 相場分析の最強ツールを徹底攻略!

🟦 Q) MACDとは何ですか?

A) MACD(マックディー)は、過去の価格データを基にして、将来の価格が上がるか、下がるか、あるいは安定するかを予測するのに役立ちます。MACDは、特にバイナリーオプショントレードのような短期トレードで人気があり、トレーダーが投資判断を下す際の重要なヒントを提供します。

🟦 Q) MACD利用の注意点は?

A) MACDはサインが遅れて現れることがあります。また、動かない傾向の相場、レンジ相場ではサインが不確かになることがあります。偽のサインに惑わされないように、MACDのサインを他の分析ツールやマーケット、市場のニュースと照らし合わせて判断することが必要です。

🟦 Q) MACDと他の指標との組み合わせは?

A) MACDと他のテクニカル分析を組み合わせることでかなり精度の高いトレードの実現が可能です。ボリンジャーバンドは価格のボラティリティとトレンドの強さを示し、MACDと組み合わせることでトレンドの転換点をより正確に捉えることができます。RSIとも相性が良いです。

🟦 Q) MACDの使い方は?

A) 主にMACDラインとシグナルラインのクロス、ヒストグラム(棒グラフ)の拡大・縮小、ゼロラインの上下、そしてダイバージェンスに注目します。MACDラインがシグナルラインを上から下に抜ける「デッドクロス」は売りのサイン、下から上に抜ける「ゴールデンクロス」は買いのサインとされます。

🟦 Q) ブビンガバイナリーでは、MACDを利用することはできますか?

A) ブビンガバイナリーでは、MACDの利用はもちろん可能です。そしてMACDと他のテクニカル分析を組み合わせることでかなり精度の高いトレードの実現が可能なので、ブビンガバイナリーで、ボリンジャーバンドやRSI、ストキャスティクスや移動平均線を併用してトレードで活用しましょう。

人気の検索語

ジョージ 喜多川

明治大学 経営学部卒業、大手金融機関に新卒入社。その後投資顧問会社に転職。アナリストとして国内外のマーケット動向分析に従事。 当ブログでは、チャートとインジゲーターの解説を得意としています。金融市場での経験を活かし、読者の方々にバイナリーオプション取引において重要なテクニカル分析の理解を提供しています。常に最新の市場トレンドやトレード戦略について研究を重ね、分かりやすい説明を心掛けています。 趣味はランニング、キャンプ、音楽フェスなどです。

Post navigation

コメントを残す

返事を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。