押し目買いと戻り売りの解説

押し目買いと戻り売りの成功方法、そのタイミングと見極め

『今すぐにあなたのトレードに「押し目買い」と「戻り売り」を取り入れて、安定的にトレードから収益を手に入れましょう!』「押し目買い」と「戻り売り」は水平線やチャートを使うことで、「押し目買い」と「戻り売り」のトレードのタイミングを視覚的に捉えやすくなります。この記事では、具体的なチャートの読み方とそれに基づくトレード方法を解説します。初心者の方でも安心して実践できるように、分かりやすく解説しているので絶対に見逃せない内容となっています。バイナリーオプションやFXトレードで成功したければ、どうぞ最後までご覧ください。

目次:

  1. 押し目買いとは?
  2. 戻り売りとは?
  3. 押し目買いと戻り売りをチャートで確認!
  4. 押し目買い戻り売りにおけるコツ
  5. 押し目買いのタイミングについて
  6. 押し目買いと戻り売りトレンドの見極めは?
  7. 押し目買いと戻り売りの注意点
  8. まとめ
  9. よくある質問

押し目買いとは?

押し目買いとは、バイナリーオプション、FX、株式市場などの金融市場で利用できるトレード手法です。バイナリーオプションだけではなく、特にfx 買い時としてもよく利用されている手法です。これは、価格が一時的に下落した時に、その下落を利用して買い増しを行う戦略です。

為替レートや株価が上昇トレンドにあるとき、短期的な価格の下落は一時的なものと見なされることが多く、このタイミングで買い注文を入れることで、低い価格で通貨や株、各種指数、ビットコインを取得し、トレードの成功を目指す手法です。

例えば、ある投資対象物の価格が順調に上昇している時に、一時的なニュースやマーケット(市場)の調整などで価格が下がることがあります。この時、多くの投資家はこの一時的な下落を「押し目」と呼び、これを「買いのチャンス」と見なします。押し目買いを行うことで、長期的に見てトレードで成功する可能性が高まるのです。

押し目買いのポイントは、マーケット(市場)全体のトレンドをよく見極めることです。価格が下がっている時に、それが一時的な調整なのか、それともトレンドの変化なのかを判断することが重要です。押し目買いを成功させるためには、テクニカル分析、インジケーターツールを利用して過去の投資対象物の価格動向や最新ニュースなどを総合的に分析することが求められます。

バイナリーオプションやfx 押し目買いは、かなり活用できるので、ぜひマスターしましょう!

戻り売りとは?

戻り売りとは、こちらも押し目買いとバイナリーオプション、FX、株式市場などの金融市場で利用できるトレード手法です。バイナリーオプションだけでは無く、fx 戻り売りもよく利用される手法です。これは、下落トレンドにおいて、価格が一時的に上昇した時に、その上昇を利用して売り注文を入れます。

為替レートや株価やビットコインなどの投資対象物の価格が下降トレンドにあるとき、短期的な価格の上昇は一時的なものと見なされることが多く、このタイミングで売り注文を入れることで、通貨や株、ビットコインでのトレードの成功を目指します。

例えば、ある投資対象物の価格が全体的に下がっている時に、短期的なニュースやマーケット(市場)の調整などで価格が上がることがあります。この時、多くの投資家はこの一時的な上昇を「戻り」と呼び、これを売りのチャンスと見なします。戻り売りを行うことで、トレードが成功する可能性が高まります。

戻り売りのポイントも、マーケット(市場)全体のトレンドをよく見極めることです。価格が上がっている時に、それが一時的な反発なのか、それともトレンドの変化なのかを判断することが重要です。

戻り売りを成功させるためには、テクニカル分析、インジケーターツールを利用して、過去の価格動向や最新ニュース、企業の業績などを総合的に分析することが求められます。

押し目買いと戻り売りをチャートで確認!

押し目買い 戻り売りとは、チャートの流れに沿った注文方法のことを指します。

このそれぞれの「押し目買い」、「 戻り売り」についてそれぞれを図で見ていきましょう!

押し目買いの売買

押し目買いの売買

「押し目買い」は、上昇トレンド中に、一時的にチャートが下がったタイミングで買いを入れる方法です。

戻り売りの売買方法

戻り売りの売買方法

押し目買いとは逆となる「戻り売り」は、下降トレンド中に一時的にチャートが上がったタイミングで売りを入れる方法になります。

これらの理由からチャートの流れが読めないと、トレードのエントリーを入れる時に間違ったタイミングで入れてしまう、押し目買い 見極めや、戻り売り 見極めができないので、チャートの流れをしっかり読むことが重要となります!

まずは水平線からマスターしましょう!

押し目買い戻り売りにおけるコツ

押し目買い戻り売りにおけるコツとして水平線を利用しましょう。

【水平線とは?】

水平線は、価格チャート上で特定の価格帯を示す水平な線のことです。水平線は、価格がそのラインに達すると反転しやすいポイントを示します。これには二種類の水平線があります。

【サポートライン】

価格が下がってきた時に止まりやすいラインです。

【レジスタンスライン】

価格が上がってきた時に止まりやすいラインです。

押し目買いにおける水平線の利用法

押し目買いとは、価格が一時的に下がった時に買いを入れることです。この時にサポートラインを使うと効果的です。

【サポートラインの設定】

価格が過去に何度も下がって止まったポイントに水平なサポートラインを引きます。これは、価格がそのラインに達すると反発しやすいことを示しています。

押し目買い 水平線
サポートライン

【押し目の確認】

価格が上昇トレンドにある中で、一時的に下がってサポートラインに近づいた時が押し目のタイミングです。価格がサポートラインに触れた後に再び上昇する兆しが見えたら、押し目買いを行うチャンスと予測します。これが水平線を利用した押し目買い コツです。

戻り売りにおける水平線の利用法

戻り売りとは、価格が一時的に上がった時に売りを入れることです。この時にレジスタンスラインを使うと効果的です。

戻り売り 水平線
レジスタンスライン

【レジスタンスラインの設定】

価格が過去に何度も上がって止まったポイントに水平なレジスタンスラインを引きます。これは、価格がそのラインに達すると反転しやすいことを示しています。

【戻りの確認】

価格が下降トレンドにある中で、一時的に上がってレジスタンスラインに近づいた時が戻りのタイミングです。価格がレジスタンスラインに触れた後に再び下落する兆しが見えたら、戻り売りを行うチャンスと予測します。

押し目買いのタイミングについて

押し目買い タイミング、押し目買い 見極めについて、水平線とともに移動平均線やローソクチャートを利用するとライミングが分かりやすいです。それぞれを解説していきましょう!

(1)移動平均線

移動平均線は、過去の一定期間の価格の平均を線で表したもので、価格のトレンド(上昇傾向や下降傾向)を視覚的に捉えるために使われます。移動平均線を利用すると、押し目買い タイミングを見つけやすくなります。

移動平均線 押し目買い
SMAで見える押し目買いのタイミング

【上昇トレンドの確認】

まず、投資対象物の価格が全体的に上がっているかどうかを確認します。これには、短期の移動平均線(例:10日移動平均線)が長期の移動平均線(例:50日移動平均線)の上にあるかどうかを見ると分かります。短期の線が長期の線より上にある場合、上昇トレンドと言えます。

【一時的な下落の確認】

上昇トレンドの中で、価格が一時的に下がることがあります。この一時的な下落を「押し目」と呼びます。価格が短期の移動平均線に近づいた時が押し目のサイン、押し目買いのチャンスと予測します。

【ゴールデンクロスの確認】

短期移動平均線が長期移動平均線を上抜ける「ゴールデンクロス」が発生した時は、強い買いのサインです。このタイミングで押し目買いをすることで、価格が再び上がる可能性が高いと予測します。

移動平均線についてはこのブログのこちらの記事も参考にしましょう!単純移動平均線(SMA)の最強の活用法

(2)ローソク足チャート

ローソク足チャートは、価格の動きを視覚的に捉えるためのツールで、一本のローソク足が一定期間の価格の始値、終値、高値、安値を示します。ローソク足チャートを使うと、より詳細な価格の動きを理解できます。

ローソク足 押し目買い
ローソク足で見える押し目買いのタイミング

【陽線と陰線の確認】

陽線(ようせん)は価格が上がった時に表示されるローソク足で、陰線(いんせん)は価格が下がった時に表示されるローソク足です。上昇トレンドの中で、陰線が出現した場合、一時的な下落のサインとなり、押し目買いのチャンスと予測することができます。

【サポートラインの確認】

サポートラインは、価格が下がった時に止まりやすいラインです。このラインに価格が近づくと、再び上がる可能性が高まり、押し目買いのチャンスと予測します。移動平均線と併用し、移動平均線がサポートラインとして機能することもあります。

【反発のサインの確認】

ローソク足チャートには、「ハンマー」や「逆ハンマー(トンカチ)」といった反転のサインを示すパターンがあります。これらのパターンがサポートライン付近で出現した時は、押し目買いのチャンスです。

ローソク足チャートについてはこのブログのこちらの記事も参考にしましょう!ローソク足をゼロから徹底攻略!

押し目買いと戻り売りトレンドの見極めは?

テクニカル分析ツールを利用して、押し目買いと戻り売りトレンドの見極めていきましょう!押し目買いと戻り売りトレンドの見極めるのに最適なテクニカル分析ツールを解説していきます!これらも水平線と併用すると精度が上がります。

RSI

RSIは、価格の過熱感を測る指標です。RSIは0から100の範囲で表示され、一般的に次のように使われます。

RSI 押し目買い

【RSI 70以上】

買われ過ぎ(価格が上がり過ぎている)を示します。この時は価格が下がる可能性が高いです。

【RSI 30以下】

売られ過ぎ(価格が下がり過ぎている)を示します。この時は価格が上がる可能性が高いです。

RSIについてはこのブログのこちらの記事も参考にしましょう!RSIを徹底解説!

RSIを使うことで、価格が上がり過ぎている時に売り、下がり過ぎている時に買うタイミングを見つけることができます。例えば、RSIが70を超えた時は戻り売りのチャンス、RSIが30を下回った時は押し目買いのチャンスと判断できます。

MACD

MACD(マックディー)は、移動平均線の組み合わせを使ってトレンドの変化を捉える指標です。MACDは次のように使われます。

MACD 押し目買い

【MACDライン】

短期移動平均線と長期移動平均線の差を示します。

【シグナルライン】

MACDラインの移動平均を示します。

MACDについてはこのブログのこちらの記事も参考にしましょう!MACD完全ガイド

MACDラインがシグナルラインを上抜けた時は買いのサイン、下抜けた時は売りのサインと判断します。これにより、押し目買いや戻り売りのタイミングを見極めるのに役立ちます。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、価格の変動幅を示す指標です。中央に移動平均線があり、その上下に標準偏差の範囲でバンドが描かれます。ボリンジャーバンドの標準偏差とは、中央の一定期間の価格の平均値を線でつないだ移動平均線から各価格がどれだけ散らばっているかを表す指標です。標準偏差は「平均値からどれだけ離れているデータが多いか」、そして「平均値からどれだけ離れたところにデータがどれくらいあるか」が分かる指標です。

押し目買い ボリンジャーバンド

【バンドの幅が広い】

価格の変動が大きいことを示します。

【バンドの幅が狭い】

価格の変動が小さいことを示します。

ボリンジャーバンドについてはこのブログのこちらをご覧ください。ボリンジャーバンド

価格が上のバンドに触れた時は売りのサイン、下のバンドに触れた時は買いのサインと判断します。これにより、押し目買いや戻り売りのタイミングを見つけることができます。

押し目買いと戻り売りの注意点

押し目買いと戻り売り コツ

押し目買いと戻り売りの注意点について解説していきましょう!これらは最も基本的なことなので、必ず押さえて行きましょう。

トレンド(傾向)の確認を怠らない

押し目買いを行う前に、全体的な上昇トレンドを確認することが重要です。上昇トレンドが確認できない場合、価格がさらに下がる可能性があります。移動平均線やトレンドラインを使って、上昇トレンドが続いているか確認しましょう。戻り売りは下降トレンドにて同様です。

サポートラインの信頼性

サポートラインがしっかりと機能するかどうかを確認する必要があります。過去に何度も価格がそのラインで反発しているかをチェックします。サポートラインが機能しない場合、価格がそのまま下がり続けるリスクがあります。戻り売りはレジスタンスラインにて同様です。

ローソク足パターンの確認

例えば押し目買いの場合、サポートライン付近で反転のサインを示すローソク足パターンであるハンマーや逆ハンマーが出現しているか確認します。これらのパターンが見られない場合、反転する力が弱い可能性があります。

ニュースや経済指標の影響

大きなニュースや経済指標の発表が近い場合、その影響で予測と反対の方向に価格が大きく動くことがあります。このようなイベントが控えている時は、押し目買いを避けるか、慎重に行うことが必要です。

まとめ

『あなたは既に「押し目買い」 、「戻り売り」を利用して、安定的にバイナリーオプションでのトレードの成功を手に入れていますか?」

もしあなたのトレードにまだ「押し目買い」 、「戻り売り」の手法を取り入れていなければ、今すぐ取り入れましょう!「押し目買い」 、「戻り売り」の手法は初心者にも、誰でも簡単に利用できる手法です!

そこでお勧めなのがまずはブビンガバイナリーで登録だけで利用できるデモトレードです。

このブビンガバイナリーでのデモトレードでまずは、「押し目買い」で利用できる水平線のサポートライン、「戻り売り」で利用できるレジスタンスラインを試してみましょう!

そしてそれらの水平線に慣れてきたら、テクニカル分析ツール、インジケーターである移動平均線やローソク足、RSIやMACD、ボリンジャーバンドを試してみましょう。

これらはすべてブビンガバイナリーのデモトレードで利用することができます。

バイナリーオプションで「押し目買い」 、「戻り売り」トレードを行うならブビンガバイナリーで!

ブビンガバイナリーへ今すぐログイン

「押し目買い」 、「戻り売り」を利用して安定的に収益を伸ばし、あなたの欲しいものをたくさん手に入れましょう。

ブビンガバイナリーの公式ページ

よくある質問: 押し目買いと戻り売りの成功方法、そのタイミングと見極め

🟦 Q) 押し目買いとナンピンの違いは?

A) 押し目買い ナンピン 違いについて、押し目買いは、価格が一時的に下がった時に買い増しを行う戦略で、上昇トレンドを前提としています。一方、ナンピンは、価格が下がった時に追加で買いを入れ、平均取得価格を下げる戦略です。ナンピンは下降トレンドでも行われ、一般的にリスクが高くなる場合があります。

🟦 Q) 「押し目買いに押し目なし」とは何ですか?

A) 「押し目買いに押し目なし」とは、上昇トレンドが強すぎて、一時的な価格の下落(押し目)がほとんど発生せず、買いエントリーのチャンスが少ない状況を指します。つまり、価格が下がるのを待っても、すぐに上がってしまうため、買いタイミングを逃しやすい、トレードのエントリーのタイミングが無いということになります。

🟦 Q) 押し目買いと戻り売りは初心者ができる?

A) 押し目買いと戻り売りは初心者でもできます!押し目買いは、価格が一時的に下がった時に買う方法で、戻り売りは、価格が一時的に上がった時に売る方法です。移動平均線や水平線であるサポート・レジスタンスラインを使い、トレンドを確認することで、バイナリーオプションやfx 初心者 押し目買いにおいて、適切なタイミングを見極めやすくなりますよ!

🟦 Q) 水平線の利用法は?

A) 水平線は、価格が反転しやすいポイントを示す線です。サポートラインは価格が下がって止まりやすいライン、レジスタンスラインは価格が上がって止まりやすいラインです。これを利用して、押し目買いや戻り売りのタイミングを見つけます。

🟦 Q) 押し目買いと戻り売りの注意点は?

A) トレンドの確認を怠らないこと、サポートラインやレジスタンスラインの信頼性を確認すること、ローソク足パターンを確認すること、ニュースや経済指標の影響を考慮することが重要です。これにより、リスクを減らし、成功率を高めることができます!

人気の検索語

ジョナス 一ノ瀬

早稲田大学 政治経済学部を卒業後、大手証券会社に新卒入社し、外国為替取引に携わりました。金融テクノロジー企業に転職し、数年間、アルゴリズムトレードの開発やトレードプラットフォームの改善を経験しました。 金融テクノロジー企業での経験を通じ、デジタルトレードの可能性に魅了され、自らもトレードに参加することを決意しました。FXトレードやバイナリーオプション、そして最新の暗号資産市場において、テクノロジーとトレードの融合がもたらす未来を模索する中で、ライターに転身し情報の発信を開始しました。 当ブログでは、独自の視点からバイナリーオプション初心者向けの解説記事を提供しています。 趣味は旅行です。日本全国、世界各地の美味しいものを食べ回っています。

コメントを残す

返事を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。