バイナリーオプション fx

FXとバイナリーオプション、稼ぎやすさを徹底分析!

今すぐバイナリーオプションとFXトレードの違いを理解してあなたにピッタリ合った投資手法を身につけましょう。一見似ているようで、その実態は大きく異なるバイナリーオプションとFXトレード、この記事では、これからトレードを始めたい方向けに、両者の基本的な特徴と違いを明確に解説します。この記事を読むことで、間違った選択での、よくあるトラブルを防ぎ、リスクとリターンのバランスからトレードスタイルまで、自分に合った投資法を見つけて、リスクゼロで投資の一歩を踏み出すことができるでしょう。ぜひ最後まで読み進めていきましょう。ブビンガバイナリーと一緒に勉強しましょう!

目次:

  1. FXとは?
  2. バイナリーオプションとは?
  3. FXとバイナリーオプションの7つの違い
  4. FXと比較したバイナリーオプションのメリットとデメリット
  5. FXとバイナリーオプションはどちらが稼ぎやすいか?
  6. まとめ
  7. よくある質問

FXとは?

誰もが一度は聞いたことがあるであろうFXとは、「Foreign Exchange」の略で、外国為替トレード(外国為替取引)のことを指します。日本円も含み、外国のお金と外国のお金を取り替えて、その差分で利益を取ることを目指します。

FXトレードでは、通貨ペアを使用してトレードが行われます。通貨ペアとは、日本円と米ドルのような組み合わせのことを言います。例えば、米ドルと日本円のペアでは、1ドルが何円で買えるか、または売れるかという形で価格が決まります。

FXトレードの目的は、通貨の価格変動から利益を得ることです。例えば、あなたが1ドル=100円の時に1,000ドルを購入し、後に1ドル=110円になった場合、その1,000ドルを売却すると、1,000ドル×10円=10,000円の利益が出ます。逆に、通貨価値が下がると損をします。例えば、1ドル=100円の時に1,000ドルを購入し、後に1ドル=90円になった場合、この時にドルを円に戻すと90,000円戻ってきて、10,000円損をします。

一般的にFXトレードとは、一国の通貨を別の国の通貨に交換するというような為替トレードのことです。次にバイナリーオプションについて見ていきましょう。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションは投資対象物の未来の価格に対して、「上がる」か「下がる」かを選択するだけのトレードとなります。

例えば、米ドル-日本円(USD/JPY)のトレードを例に取ると、現在の価格が1ドル147円だとします。

価格が5分後に147円より、

(1)上がるか

(2)下がるか

を選択するだけのトレードとなります。

fxとバイナリーオプション

この例の場合で、トレーダーが仮に「上がる」を選択し、5分後(判定時刻)の価格が148円以上になると、トレーダーの勝利となり、ペイアウト率に基づき利益が得られます。

反対に146円以下になり、5分後の価格が 下がった場合はトレーダーの負けとなり投資金額を失います。

バイナリーオプションは通貨トレードが基本のため、FXトレードと比較されることが多く、バイナリーオプションとFXの違い、「バイナリーオプション fx どっちがいい」かについて見ていきましょう。

FXとバイナリーオプションの7つの違い

バイナリーオプション fx 違い

FXとバイナリーオプションは、どちらも通貨の値動きを予想してトレードをする金融商品です。ただし、仕組みやリスク、リターンなどにはとても大きな違いがあります!そこでその「バイナリーオプション fx 違い」を見ていきましょう。

(1)トレード銘柄の種類

FXは、世界の主要な通貨のトレードです。USD/JPY(米ドル/日本円)、EUR/USD(ユーロ/米ドル)、GBP/USD(英ポンド/米ドル)、GBP/JPY(英ポンド/日本円)、AUD/NZD(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)は一例として、さまざまの国の通貨でのトレードが可能となっています。

バイナリーオプションは、世界の主要な通貨のトレード、EUR/USD(ユーロ/米ドル)、GBP/USD(英ポンド/米ドル)の他にも、ゴールドの価格、各国の 株価指数、会社の株価、今話題のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨と多種多様、あなたの得意分野の投資対象物も見つかるかもしれません!

ブビンガバイナリーの通貨ペア

(2)トレードの損失について

FXトレードでは、通貨の価格変動を予想して利益を得ようとします。価格が上がると思えば「買い」、下がると思えば「売り」のポジションを取ります。FXトレードは、レバレッジトレードが可能です。

レバレッジトレードとは、実際のトレード資金よりも大きな金額をトレードすることを可能にする仕組みです。レバレッジを使うことで、少ない資金で大きなトレードができるため、小さな価格変動でも大きな利益を得るチャンスがありますが、同時に大きなリスクも伴います。

例えば、10,000円の資金を持っていて、10倍のレバレッジを使うとします。この場合、100,000分の通貨をトレードすることができます。つまり、実際の資金よりも10倍大きな取トレードが可能になります。

トレード予想、相場予想が的中し、利益が増大する一方で、マーケットが予想と反対方向に動いた場合、損失も同様に増大します。価格変動が小さくても、レバレッジが大きいほど損失のリスクは高くなります。

トレードが予想と反対の方向、不利に進んだ場合、保有しているポジションを維持するために追加の資金を口座に入金する必要が生じることがあります。これをマージンコール、追証が発生する状況となります。追証とは借金のようなもので、取引所に支払い義務が生じます。

マージンコール、追証は借金のようなもので、これが発生したら大変、長期でポジションを保持する場合は、ロスカット(損切り)設定をしておく必要があります。

ロスカット(損切り)設定を忘れた場合や予測不能なマーケットの急落が起きて、取引所の方でロスカット(損切り)が作動しなかった場合は、大きく損失がトレード金額(投資金額)を超える可能性もあり、破産したトレーダーも多くいるのが事実です。

FXトレードにおいて、長期でポジションを保持する場合は、必ずロスカット(損切り)設定を行いましょう。

バイナリーオプションは、ある条件が満たされるかどうかを予想するトレードです。例えば、「この投資対象物は5分後や1時間後に上がっているか?」のような質問に「はい」か「いいえ」で答えるようなものです。そしてトレードを始める時には、あらかじめいくらトレードするかを決めます。

もしバイナリーオプションで、予想と反対側の方向、予想が外れた場合、トレードで失敗した資金、金は全額失われます。例えば、5,000円をトレードして予想が外れたら、その5,000円を失うことになります。損失は賭けた金額に限定されます。

まとめますとFXでレバレッジトレードをしてトレードで大きく失敗すると、破産リスクがあるのに対し、バイナリーオプションはレバレッジトレードはできず、損失が限定されています。この理由から、バイナリーオプション fxでは、バイナリーオプションの方がトレード初心者にとって安全と言えます。

(3)トレード、利食い(利益どり)のタイミング、利益の幅

FXは、いつでもトレード、利食い(利益どり)することができます。タイミングは関係ありません。いつでも既にトレードしてあるポジションは利食い(利益どり)ができます。この理由により、トレードの利益は、投資対象物が予測と同じ方向へ進んだ場合、利益も2倍、3倍と取ることができます。もし予測と反対の方向へマーケットが動いた場合、投資金額は目減りするか、レバレッジをかけた場合、トレード金額を全額失い、さらに追証、マージンコールが発生しトレード金額以上の負債を受けるかということになります。

一方、バイナリーオプションは、ご自身が取引会社から選んだ時刻、時間でトレード判定、トレードに成功したか、失敗したかの結果が出ます。そして利益は、取引所が決めているトレード成功報酬率、例えばペイアウト率が1.85と書かれていた場合、投資対象物が5分後に「上がる」か「下がる」かで1,000円のトレードで成功した場合は、850円の成功報酬を受け取ります。トレード報酬は限定的です。逆にトレードに失敗した場合は、1,000円を失います。損失も限定的となります。

まとめると、FXは、トレードの期間は自由に決められ、レバレッジを利用することで、大きなリターンを狙うことができます。一方、バイナリーオプションは、トレードの期間を選び、判定時刻の価格が予想した方向に動いた場合、あらかじめ決められた金額の利益が得られます。

(4)トレードの難易度

FXは、通貨の値動きを予測するスキルや、相場のトレンド(傾向)の相場状況を判断するスキルが必要です。そして長期でポジションを持つ場合は、経済指標、政治的な要因など複数の要素を考慮する必要があります。

一方、バイナリーオプションは、判定時刻の価格が予想した方向に動くかどうかを判断するスキルが必要で、より単純で直感的な判断が求められます。

トレードの難易度においては、FXとバイナリーオプション、いずれも未来を予測することが必要です。バイナリーオプションは、投資対象物の価格が、決められた期間に、「上がる」か「下がる」かを選択するだけのトレードですが、未来を予測することにおいては、fx バイナリーオプションの難易度は同じです。

(5)トレードのルール

FXは、エントリー時と決済時の価格差がトレードに成功した場合、利益になり、トレードで失敗した場合、損失になります。FXは、長期的な投資で大きなリターンを狙いたい人に向いています。

一方、バイナリーオプションは、判定時刻の価格が予想した方向に動いた場合、あらかじめ決められた金額、ペイアウト率により利益が得られます。バイナリーオプションは、短期的な投資で比較的少ないリスクで利益を狙いたい人に向いています。

(6)スワップポイントの有無

FXトレードを行う際、異なる通貨間でのトレードが行われるため、それぞれの通貨に対して「買い」であればその通貨の金利を受け取り、「売り」であればその通貨の金利を支払うことになります。通貨にはそれぞれ異なる金利が設定されているため、トレードする際には、この二つの金利の差によって生じる金額、つまりスワップポイントを清算する必要があります。

FX市場では、国や地域ごとに定められた公式な金利が存在し、この金利を基にFXブローカーは各通貨ペアに対するスワップポイントを算出しています。

多くの場合、FXトレーダーは為替レートの変動から利益を得ることを目指しますが、スワップポイントを意識したトレードも一つの戦略となり得ます。特に、スワップポイントがプラスとなる通貨ペアを選び、中長期的に保有することで、小さな利益を積み重ねていくことが可能です。スワップポイントを利用したトレードでは中長期に渡りポジションを維持する必要があります。

バイナリーオプションは、「スワップポイント」というものはありません。バイナリーオプションは、将来のある時点で投資対象物が「上がる」か「下がる」かを当てるゲームのようなものです。正解すればお金がもらえて、間違えるとお金を失います。

バイナリーオプションの場合は、予想するだけで実際にお金を持っているわけではないので、利子をもらったり払ったりすることはありません。バイナリーオプションは単純に「上がる」か「下がるか」を当てるだけのもので、FXトレードのようにスワップポイント、つまり「利子」を考える必要はないのです。

(7)トレード手数料

FXは「買い」と「売り」において、「スプレッド」が存在しています。「スプレッド」とは、「買い値」と「売り値」の差のことです。FXで通貨をトレードするとき、その通貨を「買う価格」と「売る価格」があり、この二つの価格には少し差があります。この差が「スプレッド」です。

例えば、ある通貨の「買い価格」が100円、その通貨の「売り価格」が99円だとしたら、スプレッドは1円になります。このスプレッドは、トレードを行うためのコスト、手数料のようなもので、FXトレードを始めるときに最初に乗り越えなければならない「ハードル」で、トレードを始めた瞬間に少し損をしている状態からスタートするということです。

FXトレードを行う取引所は、このスプレッドをトレードの手数料として利用します。スプレッドが狭いほどトレードコストは低くなり、トレーダーにとって有利です。この理由から取引所を選ぶときには、スプレッドの狭いFX取引所を選ぶことが重要です。

バイリナリーオプションには、「スプレッド」というものは基本的に無く、トレード手数料はかかりません。バイナリーオプションには「ペイアウト率」というものがあり、これは予想が当たったときにどれだけの利益を得られるかを示す割合です。ペイアウト率はトレードの種類や条件によって異なり、この率を元に投資のリターンを計算します。バイナリーオプション取引所を選ぶときは、このペイアウト率をチェックすることが大切です。

FXと比較したバイナリーオプションのメリットとデメリット

ここではFXと比較したバイナリーオプションのメリットとデメリットを見ていきます。このメリットとデメリットからも、あなたが「FX」と「バイナリーオプション」、どちらを選んでトレードしたら良いかを選択するヒントになりますからね!

FXと比較したバイナリーオプションのメリット(長所)

(1)シンプルさ

バイナリーオプションの最大の魅力はそのシンプルさにあります。トレーダーは、投資対象物が特定の時間後に現在の価格より「高くなる」か「低くなる」かを予想するだけです。この「はい」または「いいえ」の単純な質問に答える形式は、FXと比較して、理解しやすく、実行も簡単です。そのため、FXトレードの経験が少ない初心者や、複雑な分析に時間を割きたくない人々にとって、バイナリーオプションは特に魅力的な選択肢となります。

(2)固定されたリスクとリターン

バイナリーオプションにおいては、トレードを行う前に、もし予想が正しければ、ペイアウト率によりどれだけの利益を得られるか、そして予想が外れた場合にどれだけの金額を失うかがはっきりしています。この透明性は、トレーダーがトレードごとにリスクを正確に計算し、自分の資金管理戦略に沿った適切な投資額を決定するのを簡単にします。結果として、予期しない大きな損失を避けることができ、安心してトレードに臨むことが可能です。

トレーダーは、自分が快適に扱えるリスクの範囲内でトレードを行うことができるため、金融市場の不確実性をよりコントロール下に置くことができます。

(3)短期でトレードが完了

バイナリーオプションは、その性質上、とても短期間のトレードに適しています。基本的にトレード期間は数分から数時間に設定することができ、短期間でマーケットの動きを利用し、迅速な利益を追求したいトレーダーにとって理想的です。また、短期トレードは一日の中で何回も実行することが可能で、これによりトレーダーはマーケットの小さな変動を利用して、日々の利益を積み上げることができます。このようなトレードスタイルは、長期的な投資に比べて時間を有効に活用できるため、忙しい日常生活を送る人々や、素早く結果が欲しい人々に特に適しています。

FXと比較したバイナリーオプションのデメリット(短所)

(1)利益の上限がある

バイナリーオプションでは、成功したトレードによる利益はトレード開始前に固定されています。これは、トレーダーがマーケットの状況をどれだけ正確に予測しても、トレードから得られる利益の最大値があらかじめ決まっているということを意味します。例えば、マーケットの価格変動がトレーダーの予想をはるかに超えた場合でも、利益は予定された額を超えることはありません。この制約は、特に大きなマーケットの動きを利用して大規模な利益を目指すトレーダーにとっては、限界となる可能性があります。長期的な投資や大規模なマーケットの変動を利用した戦略を採用したいトレーダーにとって、この固定された利益の上限は、FXトレードと異なり、マイナスです。

(2)損失のリスクが高い

バイナリーオプションのトレードは、「成功か失うか」の性質があり、予想が外れた場合には投資額を完全に失うことになります。このようなトレード構造は、短期間で多くのトレードを行うトレーダーにとって、資金の減少スピードを早めるリスクを持ちます。一度や二度の失敗が致命的であるわけではないかもしれませんが、連続して予想が外れた場合、その損失はすぐに積み重なり、トレーダーの資金状況に深刻な影響を及ぼすことになります。この高いリスクを防ぐためにも、ここまで負けたらトレードをストップするというような、資金管理戦略が必要となります。

(3)心理的なプレッシャー

バイナリーオプショントレードの「成功か失うか」の性質は、トレーダーに相当な心理的ストレスを与えることがあります。トレードの結果が即座に分かるため、特に連敗が続いている場合、トレーダーは大きな精神的圧力を感じることがあります。

このプレッシャーは、感情に基づいた突発的で衝動的なトレード決定につながりやすく、結果的にさらなる損失を引き起こす可能性があります。さらに、短期間で大きな利益を期待してトレードを繰り返すことは、依存症のような行動を引き起こすリスクもあります。計画的で理性的、テクニカル分析の利用など、トレード戦略を作りそれを実行する必要があります。

FXとバイナリーオプションはどちらが稼ぎやすいか?

FX バイナリーオプション 稼ぎやすい

FXとバイナリーオプションでは、どちらが稼ぎやすいのでしょうか?まずはFXとバイナリーオプションの違いを表でまとめたので見ていきましょう。

バイナリーオプションFX
トレード銘柄数通貨の種類より、通貨以外の多様性がある各国通貨のトレード種類はかなり多い
損切り必要無し必要あり
損失限定的レバレッジをかけると非限定
トレード手数料無しあり(スプレッド)
レバレッジトレード無しあり
破産リスク無しあり(レバレッジトレード)

FXとバイナリーオプションは、それぞれ人によって向き不向きがあります。次に、FX、バイナリーオプションのそれぞれの特徴から特徴から、「FXとバイナリーオプションはどちらが稼ぎやすいか」を探っていきましょう!

FXの稼ぎやすさについて

FXは、通貨の価格変動を予測してトレードを行います。価格が上がると予想して「買い」、下がると予想して「売り」のポジションを取ります。

利益は、価格の変動幅と取引量によって決まります。大きな変動を正確に予測できれば、それだけ多くの利益を得ることができます。

レバレッジを利用することで、少ない資金で大きな取引が可能ですが、その分リスクも大きくなります。ハイリスク、ハイリターンと言えます。

大きな利益を得るチャンスがありますが、市場の分析や取引戦略が必要で、レバレッジによる大きなリスクもあります。勉強と経験が重要です。

バイナリーオプションの稼ぎやすさについて

バイナリーオプションは、ある期間後に価格が「上がっている」か、「下がっている」

かを予想し、トレードします。トレードと言っても、「上がっている」か、「下がっている」かを選ぶだけです。

予想が当たれば、ペイアウト率に従い、固定の利益を得られますが、間違えると投資した金額を失います。

トレード金額からペイアウト率によって、利益は予め決まっていて、価格の変動幅には影響されません。

ルールがシンプルで始めやすいですが、トレードで成功するには、テクニカル分析等を利用して、運や勘に頼ることないトレードが必要です。負けた時の損失は限定的なことから、安心ではありますが、テクニカル分析インジケーター等の知識を利用することで、トレードでの成功を目指しましょう。

結論、 FXとバイナリーオプションはどちらが稼ぎやすいか?

どちらが「稼ぎやすい」かは、トレードを行うあなたの知識、スキル、リスク許容度、そしてマーケット、市場に対する理解によって変わります。

FXは学ぶことが多く、時間をかけて市場を理解し、戦略を練る必要がありますが、その分多くのチャンスがあります。

一方でバイナリーオプションは始めやすく、シンプルですが、運や感だけに頼るトレードでは、長期的な利益を期待するのは難しいかもしれません。自分に合った取引方法を学ぶことが、稼ぎやすさにつながります。なおバイナリーオプションには、損切り設定が不要なので、利益追求型で、損切り(ロスカット)が苦手な方は、バイナリーオプションの方が良いですからね。

結論として、「リスクを背負っても一気に稼ぎたい」方はFX、「あまりリスクを背負いたくない」方や優柔不断な性格の方はバイナリーオプションをまずは始めてみると良いと思います。

まとめ

「あなたは既にFXとバイナリーオプショントレード、どちらでトレードを始めたら良いか、決まりましたか?」

FXとバイナリーオプショントレードですが、どちらもデモトレードがあるので、まずは始めてみることをお勧めします。

なお、ここで注意なのですが、実践段階に入った時に、元手が少ない人は、FXでレバレッジを使ってトレードしたとしましょう。その場合、「人はついついハイリターンを狙ってしまう」ものです。ハイリターンが期待できないだけでなく、大勝負に出て大損した場合に、手持ちの資金以上を失うリスクもあります。

そこで、最初はバイナリーオプションから始めて、コツコツトレードをして相場感覚を学び、養いましょう。バイナリーオプションでトレード方法や相場の動きに慣れてから、FXでトレードを始めるのも一つの方法であり、リスクを抑えられる戦略でもあります!

そしてブビンガバイナリーでは、10,000ドル分のデモトレードが可能、

さらにこのブログ読者限定で、出金条件をクリアすることで、トレードで成功したら、利益が出金ができる20ドル分の入金不要トレードも行うことができます。

バイナリーオプショントレードをリスクゼロで試すことが可能です。

まずはブビンガバイナリーへログイン

バイナリーオプショントレードの多くを体験、リスクゼロでまずはトレードを開始しましょう。

ブビンガバイナリーのデモトレード

よくある質問: FXとバイナリーオプション、稼ぎやすさを徹底分析!

🟦 Q) バイナリーオプションとFXの基本的な違いは何ですか?

A) バイナリーオプションは「上がる」か「下がる」かの二択で結果が決まり、固定されたリターンが得られます。一方、FXでは通貨の価格変動に基づいて利益や損失が変動し、レバレッジを使用してトレードすることができます。バイナリーオプションはシンプルなトレード構造で、FXよりも簡単なトレードが可能です。

🟦 Q) バイナリーオプションのトレード時間はFXと比べてどうですか?

A) バイナリーオプションのトレード時間は事前に選択した期間に基づいています(例:5分間、1時間など)。FXではマーケットが開いている限り、ほぼいつでもトレードが可能です。バイナリーオプションは短期間で結果が出るのに対し、FXでは長期間のポジション保有も選択できます。

🟦 Q) バイナリーオプションとFXでは、リスク管理はどのように異なりますか?

A) バイナリーオプションでは投資額が最大のリスクとなり、予想が外れた場合はその額を失います。FXではレバレッジを使うことで大きなリスクを負う可能性があり、マーケットの急激な変動により損失が投資額以上に拡大することもあります。FXではロスカット(損切り)の設定が重要になります。

🟦 Q) バイナリーオプションかFX、どちらが初心者に適していますか?

A) バイナリーオプションの方がルールがシンプルで理解しやすいため、初心者には取り組みやすいです。一方、FXはマーケットの動きを深く理解する必要があり、より高度な知識と戦略が求められます。トレードで失敗して追証が発生してからでは遅いので、まずはバイナリーオプションで相場に慣れましょう。

🟦 Q) バイナリーオプションとFX、どちらの方が利益増大の可能性が高いですか?

A) これはトレードスタイルとマーケットへの理解に大きく依存します。バイナリーオプションは予め選択されたリターンがあり、FXはマーケットの動きに応じて無限の利益可能性がありますが、レバレッジによるリスクもかなり高まります。熟練度とリスク許容度に応じて、どちらも利益を出すことが可能です。

人気の検索語

ジョナス 一ノ瀬

早稲田大学 政治経済学部を卒業後、大手証券会社に新卒入社し、外国為替取引に携わりました。金融テクノロジー企業に転職し、数年間、アルゴリズムトレードの開発やトレードプラットフォームの改善を経験しました。 金融テクノロジー企業での経験を通じ、デジタルトレードの可能性に魅了され、自らもトレードに参加することを決意しました。FXトレードやバイナリーオプション、そして最新の暗号資産市場において、テクノロジーとトレードの融合がもたらす未来を模索する中で、ライターに転身し情報の発信を開始しました。 当ブログでは、独自の視点からバイナリーオプション初心者向けの解説記事を提供しています。 趣味は旅行です。日本全国、世界各地の美味しいものを食べ回っています。

Post navigation

コメントを残す

返事を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。